• アビリンピック
  • ワークフェア
  • スポーツ・文化活動
  • 社会貢献活動

アビリンピック〜障害者技能競技大会〜

旭化成アビリティでは障害者技能競技大会(アビリンピック)を、個人の能力開発、成長の場の一つとして捉え、社員の積極的参加を促しています。結果として、毎年のように各県で開催される県大会への参加も増加し、また優秀な成績を収める社員が増えました。

成績優秀者は各県の代表として全国大会へ出場する事ができ、2013年度は7名の社員が出場し、2014年度は過去最高の12名が代表選手として出場する事になっています。

さらには4年に一度開催される国際アビリンピックにも過去3人の選手が日本代表として出場した経験を持っています。

アビリンピックへの挑戦は、社員がお互い切碓琢磨し、ささえあい成長しあう良い機会となっています。

アビリンピックへの挑戦

国際大会 出場者

開催年
(開催国)
技能競技種目 結果 旭化成CSRニュース
(新しいウィンドウで開きます)
2011年
第8回
(韓国)
英文DTP 特別賞
2007年
第7回
(日本)
パソコン組立 特別賞 旭化成アビリティから3名出場
英文ワープロ

* ほぼ4年ごとに開催されています。

全国大会 出場者

開催年
(開催地)
出場者数 技能競技種目 結果 旭化成CSRニュース
(新しいウィンドウで開きます)
2014年
第35回
(愛知)
12名 ビルクリーニング 銀賞

DTP 銀賞
縫製 銅賞
2013年
第34回
(千葉)
7名


2012年
第33回
(長野)
6名


2010年
第32回
(神奈川)
10名 パソコン操作 銀賞 5大会連続で、入賞しました
DTP 銅賞
データベース 銅賞
2009年
第31回
(茨城)
7名 コンピュータ
プログラミング
銀賞 出場企業で最多の7人の選手が出場
パソコン操作 銅賞
ホームページ 銅賞
DTP 銅賞
2008年
第30回
(千葉)
5名 パソコン組立 金賞 全国大会で金賞受賞
DTP 金賞

* 「国際大会」が開催される年には「全国大会」は開催されません。

このページの先頭に戻る ▲

トップページ >> 私たちの活動 「アビリンピック」