• アビリンピック
  • ワークフェア
  • スポーツ・文化活動
  • 社会貢献活動

ワークフェア

アビリティブースの様子写真

障がい者ワークフェアは、障がい者の雇用の促進と安定を図るために、重度障がい者を雇用する全国の事業所の雇用の取り組みを、展示や体験などのさまざまなイベントを通じて紹介し、広く障がい者の雇用、能力開発に理解と認識を深めることを目的としています。

“独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援”および“都道府県”が主催しており、アビリンピックと同時に開催されています。

旭化成アビリティでは、2008年に千葉県にて開催された「障がい者ワークフェア2008」から出展しています。

職場や社会貢献活動の紹介、また掛け軸の表装などの製品を展示して障がい者雇用の現場を具体的に伝えています。

そして、社員はこの場を成長の場と捉え、自社ブースでは社員が自ら来場者に対応しています。

 

このページの先頭に戻る ▲

トップページ >> 私たちの活動 「ワークフェア」