• 安全・健康活動
  • 方針・目標
  • 管理体制

安全・健康方針
1.安全と健康は、最重要課題と認識し、事業活動の全てにおいて「安全第1・健康第1」を配慮する。
2.安全と健康に一人一人が責任を持ち、全員参加で安全と健康の確保に努める。
3.安全と健康に関するP・D・C・Aのサイクルを回し、安全健康レベルを継続的に向上させる。
2014年4月1日株式会社旭化成アビリティ代表取締役社長 佐藤彰洋


2014年度安全・健康目標

このページの先頭に戻る ▲

トップページ >> 安全・健康 「方針・目標」