総合職・建材本部・技術

総合職・建材本部・技術


建材本部 環境資材事業部
技術部 技術1課
2014年入社

多様な人が集まる会社だからこそ成長を続けられる。

商品の専門性と人柄のよさに触れて入社を決意

私は環境資材事業部で、土木に使われる資材の開発・設計を担当しています。
土木資材を扱っている商社を志望した理由は、大学で地盤工学分野を研究していたからです。私は福島県出身で、東日本大震災の被害を目の当たりにしたことから、土木に興味があり、中でも当社に対しては、自分が大学で研究していた「ジオシンセティックス」を扱っていたため強い関心を持っていました。さらに説明会や面接で出会った社員の皆さんの人柄もよく、それに後押しされるかたちで入社を決意しました。
私の業務内容は、図面を見ながら必要な資材の数量を算出したり、施工の条件から現場の安全検討を行ったりすることです。お客さまとは基本的には当社の営業担当者を介してやり取りしますが、同行して客先に伺い、直接お客さまとコミュニケーションを取ることも珍しくありません。

時には売りたい気持ちを抑えて「ノー」と言うことも

業務に当たる上で大切にしているのは、きちんとコミュニケーションを取った上で、難しいことは難しいとお客さまに伝えることです。工事を進める上で最も重要なことは、安全を確保することですが、場合によっては、お客さまが希望する商品では安全性が確保できないこともあります。もちろん商社なので商品を売りたい気持ちはありますが、それでも安全性を優先して、「ノー」と言うべき部分は「ノー」と答えるように心掛けています。
工事が竣工したら、仕上がりを見るため現場に出掛けることもしばしばあります。規模が大きいだけに、立派に完成した姿を見ると、業務へのモチベーションが上がりますね。

総合職・建材本部・技術

いろいろな人と関わる中で成長し続けたい

旭化成アドバンスの良いところは、いろいろな人が在籍していること。建材本部でも営業や技術など、さまざまな業務を担当している人がいて、垣根なく交流ができます。同じ技術部の先輩から教えていただくことも多いですが、自分とは異なる業務の方から教わることも少なくありません。さまざまな分野の方の意見や視点を取り込むことで、自分の考え方も広がっていくのを実感できます。
まだ入社3年目ですので、技術部の仕事について勉強することはもちろん、工事全体の流れやコストなどについて知識を蓄えることも、今後の目標です。そうした部分は自分の身の回りの仕事だけでは学べないので、社内のたくさんの方と交流する中で教わっていければ、と思います。

マイナビ2018