ファシリティ技術部

ドラム缶計量払出装置[3Kリリーサー]®

ドラム缶ハンドリングの省力化、高精度計量、面倒な小分け作業の自動化を通じて、3K(汚い、きつい、危険)からの開放を実現します。

業界別

  • 化学
  • 塗料

テーマ別

  • 生産性向上
  • 防爆
  • 品質改善

サービス概要

多品種・少量生産ニーズに応えるバッチプラントのシステム化も、原料の投入を人手に頼っていては生産性や品質に制限が加わります。また、原料投入はいわゆる3K作業であり、人材確保のうえからも早急に改善すべき問題です。これらの課題を解決し、さらに将来のFA化にも対応しうる液体ドラム自動計量払出装置です。

特徴

  • 原料ドラムはバーコード識別されており、レシピに応じて指定調合槽へ正確に計量投入されます。
  • 計量実績、ドラム残量等は上位システムで管理します。
  • 危険場所においては、防爆タッチパネルを採用することで、一層の作業効率向上を実現できます。
  • 多品種少量生産に対応します。

導入効果

ドラム缶ハンドリングの省力化、高精度計量、面倒な小分け作業の自動化を実現することで、原料投入における3Kを解消します。

基本仕様

計量範囲 5kg~250kg 計量制度 ±0.1kg(at 水ベース)
計量能力 200kg全量払出し
3分(at 水ベース)
計量方式 ロードセル4点支持
ロスインウェイト方式
オプション 防爆対応化(Zone2相当) 用役 電源3Ф200V
計装空気0.5MPa

システム構成例

システム構成例

関連する提供ソリューション

充填専用バルブとあわせて計量システムを構築することで、高精度なブレンド計量を実現します。

防爆エリアに対応した製造工程管理システムを導入することで、ヒューマンエラーを排除し、製品品質の安定化を実現します。

同じ業界で探す

page top