テクノサービス技術部

活線診断サービス

活線診断・分析装置を用いて、電気設備の異常兆候を早期発見し、突発停電事故を未然に防止します。

業界別

  • 化学
  • 電力
  • 電子部品

テーマ別

  • 診断・評価
  • 省エネ・見える化
  • 環境・安全

高圧ケーブル活線診断装置(LINDAシリーズ)

サービス概要

LINDAシリーズは、200以上の事業所における特別高圧、高圧受電設備で採用いただいている絶縁監視装置です。高圧ケーブルの絶縁状態を監視し、絶縁劣化の傾向観察することで、突発事故を未然防止します。

特徴

  • 測定・データ処理等を完全自動で実行し、測定精度を自己診断して異常があれば測定中止の警報を出します。
  • 診断結果・装置の異常時にアラーム(警報)を出します。
  • 各種報告書(絶縁抵抗傾向グラフ、日、週、月、年報)を作成します。
  • 1台のLINDA測定器で線路切換盤をLAN接続して最大90回線まで測定できるため、マルチ型で大規模なシステムが経済的に構築できます。
  • シース絶縁抵抗が0.1MΩまで測定できます。
    (一般にはシース絶縁抵抗が10MΩ以下になると正確な測定ができません)
  • LINDA・Σ(統合管理ソフト)によって、高圧から低圧まで設備の絶縁をモニタリングできます。

本体絶縁抵抗傾向監視グラフ

本体絶縁抵抗傾向監視グラフ

導入効果

  • 電気設備の劣化傾向管理が可能になります。
  • 耐用年数ではなく、高圧線の余寿命をもとにした高圧ケーブル更新の計画が可能になります。
  • 高圧ケーブルの故障点の特定が可能となります。

システム構成図

システム構成図

ケーブル絶縁抵抗測定は、DC電源重畳方式による安定測定。
方法は、ホイートストンブリッジ方式のため、高精度・超高絶縁抵抗測定が可能。

LINDA-1000
LINDA-1000

低圧系統活線絶縁監視

サービス概要

停電状態でしか把握できなかった電気設備の絶縁状態を、低圧系も活線状態で絶縁監視します。

特徴

  • 静電容量の大きい電子機器の系統でも、正確に(有効分)が測定可能です。
  • 警報履歴、点検記録によって年次点検の絶縁抵抗測定の代替が可能です。
  • 火災の要因となる絶縁不良による抵抗成分の漏れ電流のみを検出します。

導入効果

  • 活線状態のまま低圧電路の絶縁状態を24時間、365日電路を監視が可能になります。
  • 点検費用の削減が図れます。

変圧器絶縁診断

サービス概要

ポータブルタイプの診断器を用いることで、フィールドで素早く診断分析します。

特徴

PAS式油中ガス分析 (光音響分光方式)

現地分析が可能なため、短時間で結果報告します。PCと接続でき、データのオンライン管理も可能です。

PAS式油中ガス分析 (光音響分光方式)

余寿命診断(フルフラール法、CO+CO2法)

油入変圧器の寿命は、絶縁紙の重合度で決まります。絶縁油中の重合度を推定することで、変圧器の余寿命を予測し、変圧器の経済的かつ効果的な更新が可能となります。

余寿命診断(フルフラール法、CO+CO2法)

導入効果

変圧器の内部異常を事前に察知できるため、突発的なトラブル(停電等)を回避できるようになります。

関連する提供ソリューション

豊富な設備管理と保守の実績をもとに、電気設備のメンテナンスの水準向上、コスト削減をトータルでご支援します。

豊富な設備管理と保守の実績をもとに、特高・高圧ケーブルや高圧電動機・発電機の精密絶縁診断サービスをご提供します。

page top