ファシリティ技術部

フィルム製造設備 稼働監視システム

各工程の機器状態を自動データ収集し、リアルタイムでの稼働状況監視を実現します。

業界別

  • 化学
  • 塗料

テーマ別

  • 品質改善
  • 省エネ・見える化

サービス概要

各工程(製版、印刷、ラミネート、検品、スリット、製袋など)の機器状態を自動データ収集し、WEB/SCADAを活用して、リアルタイムで稼働状況を監視します。
さらに、上位生産管理システムから生産計画、生産実績までを連携させることで、設備管理、生産管理、運転管理を実現します。

特徴

  • 機械に設置されているさまざまなメーカーのPLC、センサーからデータ取得が可能です。
  • 取得したデータは加工・蓄積できるため、生産現場の課題を見える化できます。

導入効果

  • 生産負荷状況を視覚化し、最適な生産速度の設定や稼働状況から見た勤務体制編成の適正化します。
  • 設備の適正なメンテナンス時期の決定や遊休機の把握・分析が容易になります。

構成例

構成例

関連する提供ソリューション

年間約30件のSCADAシステム導入実績をもとに、お客様の多様なニーズに応じたシステムを実現します。

温調システムに過熱及び誤操作等のインターロックシステムを追加することで安全性を確保しながら生産性向上も実現します。

同じ業界で探す

page top