旭化成アドバンスHOME
ホームサイトマップ

【 ビオレーゼは販売中止になりました 】
ビオレーゼ

ビオレーゼ®とは

ビオレーゼ®工法は、袋筒状に加工された樹脂ネットに砕石等を充填する蛇かご代替工法です。ビオレーゼ®マット内には、現地発生土を充填可能なので、現場での植物生態系を変えることのない緑化を実現し、耐侵食性を向上させながら多自然型護岸を構築します。

本工法は、日本植生株式会社との共同開発商品です。
>> 日本植生株式会社(http://www.nihon-shokusei.co.jp/)

■画像をクリックすると、より詳細な画像をご覧になれます。
ビオレーゼ 施工完了 ビオレーゼ 植生状況
ビオレーゼ 施工完了 ビオレーゼ 植生状況


このページのTOPへ

特長

1.地山への高い密着性と耐久性

柔軟で高強度を誇るビオレーゼ®マットがフレキシブルに地山に密着し、砕石・土砂等の充填物の重量により、流速に対し滑動しない強固で安定した護岸を形成します。

地山への高い密着性と耐久性

2.水中施工が可能で工期短縮

渇水期など水位が低い場合には川の水替えを必要としません。

水中工事が可能で工期短縮1
水中工事が可能で工期短縮2 水中工事が可能で工期短縮3

3.スピーディな敷設を可能にする大型形状

長尺土のうが複数列連なる大型土のう群であり、マットへの充填完了後、クレーンで吊り上げて2×5mの面積を短時間で敷設することが出来ます。

スピーディな敷設を可能にする大型形状1 スピーディな敷設を可能にする大型形状2

4.安定・確実な緑化を実現する二重構造

植生の生育を妨げない目合のネット状外袋と部分腐食する中袋によって構成されており、現地土壌とともに充填した砕石は流出することなく周辺植生の誘致、導入が可能であります。

安定・確実な緑化を実現する二重橋遭1 安定・確実な緑化を実現する二重橋遭2

5.被災現場での比較

河川の増水による災害の後ですが、ビオレーゼ®マットは、施工時のままの状態を保っています。

被災現場での比較

このページのTOPへ

用途

・河川、湖沼、調整池などの護岸工
・水路法覆工

このページのTOPへ

規格

規格

適用勾配

耐流速

重量
(m2当たり)

φ200

1:1.5以上の緩勾配

V=6m/sec以下

230kg

φ300

380kg

このページのTOPへ

施工手順

施工例