オイルパンテキスタイルコンポジット(開発品)

連続ガラス強化熱可塑性樹脂(GFRTP)

製品用途
  • ・フレーム部材、シート部材、衝撃吸収部材、補強部材など

ガラス織物で強化された高強度樹脂材料の開発により金属部品の樹脂化を促進させる。車両の軽量化による燃費向上、環境負荷低減に貢献する。
レオナ(PA66)繊維、ガラス繊維を用いた織物を成形基材として開発しております。
この材料を成形する技術の開発、部品化に必要な解析技術の開発、量産適用技術の開発により材料から実用化までのトータルサポートの提供を目標としております。
旭化成が長年培ってきた樹脂技術、繊維技術、加工技術、自動車部品の実用化実績により御客様のニーズにお応えいたします。

  • Leaflet

詳しくはお問い合わせください

CLOSE