お取引先とのコミュニケーション

法令を遵守し、地球環境や人権に配慮し、公正かつ透明性を重視した購買活動を通じて、お取引先との信頼関係を構築していきます。

旭化成グループの購買方針

基本方針 1法令遵守 私たちは、購買取引に関連する法令、旭化成グループ社内規程類を遵守します。 2公正・公平の確保 私たちは、見積照会先の選定・契約先の決定を公正・公平な判断で行います。 3門戸の開放 私たちは、国内外の企業に対して公平な取引の機会を提供します。 4CSR調達 私たちは、全社のCSR活動と一体となって購買業務に取り組みます。 5パートナーシップ 私たちは、取引先との相互理解の深化と信頼関係の構築に努めます。
旭化成グループの購買方針

当社グループの購買部門は、「旭化成グループ理念」を追求するために、「すべてのお取引先は、旭化成グループにとって大切なパートナーである」との考えに立ち、お取引先に対して誠実な対応を行うよう心がけています。
そのために、当社グループは「購買方針」(2011年改定)の遵守に努め、CSRを重視した購買活動を推進しています。

「旭化成グループ購買方針」の詳細は、こちらをご覧ください。

CSRを重視した購買活動の推進

当社の購買部門では、お取引先企業にも、CSRを意識した事業活動を実践していただくため、CSRに関するアンケートを毎年実施して、取引におけるCSR意識の醸成に取り組んでいます。
2015年は、原材料関係のお取引先53社にCSRアンケートを依頼し、うち51社より回答をいただきました。この51社のお取引先には、各設問項目別の得点と改善要望をフィードバックしました。

<設問項目>

  • CSR推進体制
  • 倫理、コンプライアンス
  • 保安防災、環境安全
  • リスクマネジメント
  • ステークホルダーとの対話
  • 製品安全、品質保証
  • 人権、労働課題
  • 情報セキュリティ管理
  • 知的財産管理

生産地区でのお取引先との連携

安全協議会のもよう(宮崎県延岡市)

当社グループの各生産地区では、事故・災害防止を目的に「安全協議会」を開催し、お取引先との情報交換を定期的に行っています。

本内容について、
お気軽にご意見・ご感想をお聞かせください。