お客様とのコミュニケーション

方針・マネジメント体制

旭化成グループは、お客様のニーズを満たし、喜んでお使いいただける製品・サービスを提供することが、社会への貢献につながると考えています。

マテリアル領域

ケミカルをベースとした高度な技術と新たな発想で、環境にやさしく付加価値の高い素材・製品を開発し、未来のくらしをリードします。

住宅領域

戸建住宅「へーベルハウス」と軽量気泡コンクリート「へーベル」を中心に、人と環境にやさしい技術とサービスで、安全・安心で快適な住まい方を提案します。

ヘルスケア領域

専門性のある高度な技術を進化・融合させ、社会が求める医療ニーズに応えることで、患者さんのQOL(生活の質)の向上に貢献します。

これらを実現するためには、お客様の声に真摯に耳を傾け、双方向のコミュニケーションを通じて真のニーズを把握することが何よりも重要であると考えています。旭化成グループは、それぞれの事業において、このようなお客様とのコミュニケーション体制を構築し、生の声を聴くことを心がけています。

原材料・中間材料・部品など 加工・組立メーカー・商社など[お客様]からのお問い合わせ・ご指摘・ご要望に[旭化成グループ]営業・技術部門 繊維、樹脂・化成品、建材、電子材料・電子部品、医療機器が対応 最終製品・住宅など 消費者の皆様[お客様]からのお問い合わせ・ご指摘・ご要望に[旭化成グループ]各製品のお問い合わせ窓口(お客様相談室、ヘーベリアンセンター、くすりの相談窓口等)が対応「サランラップ」「ジップロック」等の家庭用品、「へーベルハウス」、医療用医薬品
お客様とのコミュニケーション体制