コンプライアンスの徹底

旭化成グループは、「コンプライアンス」の実践を通じて、単に法令・諸規則や社内ルールの遵守を目指すのではなく、事業を遂行するに当たり、社会的な規範を含む高いレベルの企業倫理を実践し、グループ理念に基づくグループバリュー(共通の価値観)にかなった「誠実な行動」を目指します。

1. リスク管理・コンプライアンスの推進体制

  1. (1)「グループ リスク管理・コンプライアンス基本規程」

    当社グループ全体のリスク管理とコンプライアンスの推進を一元的に管理・運営するため、「グループ リスク管理・コンプライアンス基本規程」で、組織体制等の基本的事項を定めています。

  2. (2)リスク・コンプライアンス委員会

    社長を委員長とするリスク・コンプライアンス委員会で、グループ全体のリスク管理とコンプライアンスに関する方針決定・審議を行うとともに、リスク対策の進捗状況とコンプライアンスに関する遵守状況のモニタリングを行っています。

2. リスク管理・コンプライアンスに関する取り組み