コンプライアンスの徹底

基本的な考え方

旭化成グループは、コンプライアンスを重視し、事業・業務に関する法令・諸規則や社内ルールの遵守を徹底します。
また、これらの遵守のみならず、あらゆる事業活動において、社会的な規範を含むより高いレベルの企業倫理を実践し、グループ理念に基づくグループバリュー(共通の価値観)にかなった「誠実な行動」を目指します。

社内の推進体制

  1. (1)「グループ リスク管理・コンプライアンス基本規程」

グループ全体のリスク管理とコンプライアンスの推進を一元的に管理・運営するため、「グループ リスク管理・コンプライアンス基本規程」で、組織体制等の基本的事項を定めています。

「グループ リスク管理・コンプライアンス基本規程」の骨子

  1. 1.規程の目的
  2. 2.リスク管理・コンプライアンス等の用語の定義
  3. 3.規程の適用範囲
  4. 4.リスク管理とコンプライアンスの推進体制
    1. (1)リスク・コンプライアンス担当執行役員の任命
    2. (2)リスク・コンプライアンス委員会の設置と構成員
    3. (3)リスク・コンプライアンス統括部署と推進部署の設置
    4. (4)事業本部長・事業会社社長等の役割
    5. (5)各部門のリスク・コンプライアンス責任者・管理者の任命と役割
  5. 5.グループ行動規範
  6. 6.危機管理対応
  7. 7.コンプライアンスホットライン(内部通報制度)
  1. (2)リスク・コンプライアンス委員会

社長を委員長とし、各事業本部と事業会社の長を委員とするリスク・コンプライアンス委員会を設置し、当社グループ全体のコンプライアンスとリスク管理に関する方針決定・審議を行い、また、コンプライアンスの徹底状況とリスク対策の進捗状況のモニタリングを行っています。
なお、委員会での審議結果等については、都度、取締役会に報告しています。

リスク管理・コンプライアンスに関する取り組み

以下のページをご覧ください。