コンプライアンス

企業倫理推進体制

旭化成グループは、グループ内のコンプライアンス教育や法令遵守状況のモニタリングを行う「企業倫理委員会」を設置し、企業倫理に関する審議と全社方針の決定を行っています。同委員会の委員長は社長が務め、問題点の抽出や改善策の検討を行い、グループ全体のコンプライアンスの推進に努めています。
2015年9月に開催された同委員会では、グループ各社ごとのコンプライアンス重点課題・方針、法令の遵守状況、情報の取り扱い対応、内部通報制度の運用状況などについて議論されました。
なお、2016年9月より「企業倫理委員会」と「リスク管理委員会」を統合し、「リスク・コンプライアンス委員会」を設立しました。

企業倫理に関する方針・行動基準

1998年8月に制定した「企業倫理に関する方針・行動基準」は、当社グループの役員および社員一人ひとりが、日々の行いで心がけるべき事項をまとめたものです。本方針は、「旭化成グループ理念」に沿って事業活動を行う上で守るべき方針であり、本行動基準はこの方針を遂行するための具体的行動基準です。
本方針・行動基準は、毎年1回、社会的要請の変化に対応するための内容見直しを行うとともに、英語、中国語に翻訳され、原則として出資比率50%を超える子会社に適用しています。

企業倫理に関する方針

企業倫理に関する方針・行動基準(冊子)
  1. 1.価値創造と社会貢献
  2. 2.環境・安全・健康への配慮
  3. 3.社会的規範の遵守
  4. 4.反社会的勢力の排除
  5. 5.人権の尊重
  6. 6.経営の透明性の確保
  7. 7.情報と知的財産の尊重
  8. 8.企業倫理の実践

内部通報制度

匿名でイントラネット通報し、通報内容が事実であった場合 通報者(匿名可)が事務局に通報 事務局から担当役員に通報内容報告 担当役員から事務局に調査指示 事務局が発生部場を調査 担当役員が発生部場に是正指示
内部通報制度の運用例

当社グループは、コンプライアンス違反に関する情報を速やかに収集し対策を講じることを目的として、2005年より内部通報制度を導入・運用しています。通報手段にはイントラネットと封書(指定する弁護士事務所宛)があり、匿名、実名いずれでも受け付けています。
なお、通報者に対し、通報を理由とした不利益な取り扱いが行われないための措置を講じています。
また、2015年度からは、お取引先とその従業員の方々からも同様の通報・相談ができるよう、この仕組みを拡大しています。

市場委員会

当社グループは、独占禁止法遵守のため、1976年より「市場委員会」を設置しています。価格カルテルなどの同法違反防止の観点から、製品の販売価格を一斉に改定する際には、同委員会への付議・承認が必要となっています。2015年度の同委員会開催件数は、合計4回(10件)でした。

輸出管理委員会

当社グループは、外為法など輸出関連諸法令の遵守を徹底するため、1987年より「輸出管理員会」を設置しています。輸出管理業務の統括は、定常的には持株会社の輸出管理室が行っていますが、重大な案件を決定する際には輸出管理委員会の承認が必要となっています。2015年度の同委員会開催件数は2件でした。

情報の保護・管理

情報セキュリティ対策

当社グループは、情報セキュリティリスク対策を大きな経営課題と認識しており、「旭化成グループ情報セキュリティポリシー」を策定し、情報セキュリティの確保と一層の向上を目指しています。

旭化成グループ情報セキュリティポリシー

旭化成グループは、情報セキュリティの確保を経営の重要な責務と認識し、旭化成グループ情報セキュリティポリシーを定め、実践することを宣言します。

  1. 1.法令遵守
    私たちは、情報セキュリティに関連する法令・社内規程類を遵守します。
  2. 2.体制整備
    私たちは、組織的に情報セキュリティを確保するため、情報セキュリティに関する体制を整備します。
  3. 3.対策実施
    私たちは、情報セキュリティ事故を未然に防ぐため、情報資産に応じた適切な情報セキュリティ対策を実施します。万一、事故が発生した場合は、迅速かつ的確に対応し、被害の最小化と再発防止に努めます。
  4. 4.従業員教育
    私たちは、全従業員が情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産を正しく利用するため、全従業員に対して情報セキュリティ教育を実施します。
  5. 5.継続的改善
    私たちは、継続的に情報セキュリティを確保するため、情報セキュリティに関する取り組みを点検し、必要に応じて改善します。
  6. 2016年12月1日
    旭化成株式会社
    代表取締役社長 小堀 秀毅

情報セキュリティに関する受付窓口

旭化成株式会社 IT統括部 セキュリティセンター

お電話:03-3296-3036(受付時間:平日午前9時~午後5時)
電子メール:

個人情報の保護

情報セキュリティハンドブック
情報セキュリティハンドブック

当社グループは、取得・利用させていただいている個人情報の適正な保護を重要な責務と認識しており、「グループ個人情報管理規程」を策定し、個人情報を取り扱っています。また、全社員に、情報の取り扱いについてのルールを記載した「情報セキュリティハンドブック(冊子)」の配布、e-ラーニングによる教育を行うとともに、これらの教育・啓発活動を企業倫理委員会(2016年9月以降はリスク・コンプライアンス委員会)でモニタリングしています。

知的財産の保護

当社グループは、重要技術情報が意図せずグループ外に流出することを防止するために、「技術流出防止に関する基本方針」および「管理の基準」を制定するとともに、海外進出時に留意すべき点をまとめたガイドラインの発行や、中国工場における「先使用権保全手続き」および国内における「技術情報流出防止の施策」を実施しています。社員に対しても社内広報などで注意喚起を行い、研修会等による教育・啓発活動に取り組んでいます。

知的財産に関する事項は、別途公開している知的財産報告書をご参照ください。

医療機関等との関係の透明性に関する取り組み

指針

情報公開

本内容について、
お気軽にご意見・ご感想をお聞かせください。