医療機関等に対する資金提供等に関する情報

「旭化成株式会社における医療機関等との関係の透明性に関する指針(http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/csr/compliance/pdf/toumeiseishishin.pdf)」(以下、「本指針」)に従い、当社が医薬・医療分野での活動を行うにあたり、その一環として日本国内の医療機関等または医療関係者に対して、国内外を問わず本指針のⅣ(公開対象)の各項目に該当する金銭等提供を行った場合について、その情報を公開します。

集計対象期間:2016年4月~2017年3月の年間総計

閲覧にあたって

医療機関等に対する資金提供等に関する情報の閲覧にあたっては、以下の点にご留意ください。

  • PDFファイルに記載された内容の無断転載・転用を禁止します。
  • 個人情報を含むデータは、プライバシーポリシーに則り適正に取り扱います。

A. 研究費開発費等

研究費開発等は以下の6項目に分類し、年間の総額を掲載しています。大学や研究機関等との共同研究または委託研究、公的規制のもとで実施される臨床試験、治験、製造販売後臨床試験、不具合・感染症症例報告、製造販売後調査、および企業が独自に行う調査等の費用が含まれます。

項目 総額
a)共同研究費
大学や研究機関等と共同で実施する基礎および臨床の研究に関する費用
6,142千円
b)委託研究費
大学や研究機関等に委託して実施する基礎および臨床の研究に関する費用
605千円
c)臨床試験費
承認申請のために実施する臨床試験(治験)に関する費用
0円
d)製造販売後臨床試験費
市販後に、治験や診療から得られた有効性・安全性に関する情報をさらに検証するために行われる試験に関わる費用
0円
e)不具合・感染症症例報告費
医療機器に義務付けられている不具合・感染症の症例報告に関する情報収集、解析、報告に関わる費用
0円
f)製造販売後調査費
医療機器に市販後の有効性・安全性に関する情報を収集する調査に関わる費用
10千円

(金額は消費税抜き)

B. 学術研究助成費

医療技術の学術振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費が含まれます。

項目 件数 総額
a)奨学寄附金
研究活動を行う機関(大学、研究機関等)への研究助成や寄附講座
1件 20,000千円
b)一般寄附金
団体活動全般を支援するために行う寄附
2件 5,583千円
c)学会寄附金
学会等の開催を支援するために行う寄附
- 200千円
d)学会共催費
学会等と共催で行う、セミナーやシンポジウム等を開催するための費用
0円

(学会共催費の金額は消費税抜き)

  • 個別の名称、件数、金額は、こちら

C. 原稿執筆料等

自社医療機器の適正使用等に関する情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング等の業務の委託に関する費用が含まれます。

項目 件数 総額
a)講師謝金
講演会、研究会等における講演者者・座長・役割者等への謝礼
1件 83千円
b)原稿執筆料・監修料
医学・医療工学に関する印刷物等に作成における原稿執筆料・監修料
0件 0円
c)コンサルティング等業務委託費
営業戦略上のアドバイスや適性使用のための指導等を委託する際の業務委託費
1件 92千円

(金額は消費税抜き、源泉税抜き)

  • 個別の組織名、役職、氏名は、こちら
  • 個別の件数、金額は、こちら(申請を受け付けましたら、公開情報の閲覧URLとID・パスワードを、ご登録いただいた住所宛に郵送させていただきます。)

D. 情報提供関連費

医療関係者に対する自社医療機器の適正使用、安全使用のために必要な講演会、模擬実技指導、説明会等の費用が含まれます。

項目 件数 総額
a)講演会費
医療関係者を対象とした自社医療機器、医学・医療工学に関連する講演会・研究会等の開催に関わる費用
0件 0円
b)説明会費
医療関係者を対象とした自社医療機器の説明会(医局説明会等)や模擬実技指導等の開催に関わる費用
0件 0円
c)医学・医療工学関連文献等提供費
自社医療機器に関連する文献、患者啓発用資材等の情報提供に関わる費用等
30千円

(金額は消費税抜き)

E. その他費用

社会的儀礼としての接遇等の費用が含まれます。

項目 総額
接遇等費用 933千円

(金額は消費税抜き)

  • 本件に関わるお問い合わせはこちら