能力開発・挑戦への支援

方針

旭化成グループでは、人と組織の卓越した力が旭化成の競争力の源泉である、との認識のもと、①旭化成らしさが発揮される風土を維持強化すること、②社員一人ひとりが成長すること、③優れた人財と組織で事業を創り伸ばすこと、を目的として、さまざまな人事施策に取り組んでいます。
2006年3月に制定した「人財理念」では、「人財」たる社員一人ひとりが共有すべき価値観や行動の指針をまとめています。社員がこの理念に沿った行動を積み重ねることを通じ、企業風土として定着させ、社員一人ひとりの成長と当社グループの発展を実現することを目指しています。

人財理念

会社が約束すること 旭化成グループの人財が、働きがいを感じ、いきいきと活躍できる場を提供し、グループの成長と発展を目指す 社員に求めること 挑戦し、変化し続ける 誠実に、責任感を持って行動する 多様性を尊重する リーダーに求めること 活力ある組織をつくり、成果をあげる 既成の枠組みを超えて発想し、行動する メンバーの成長に責任を持つ

この人財理念のもと、旭化成グループは「人と組織がともに成長する」を人財育成の方針としています。特に2016年度からは、課長MBO-S研修、部長MBO-S研修に注力し、部課長のマネジメント力向上を目指します。

1経営リーダー育成 グループのさらなる成長の舵取りをする、世界に通用する経営リーダーを輩出 2高度専門力向上 特定の分野での突出した専門性を発揮し、その分野で社内外でのトップクラスの評価を得られる人財を輩出 3グローバル人財育成 異文化や多様性を理解し、世界に通用する知識・スキルを身につけた人財を輩出 4職能専門力向上 自分の仕事やその周辺の知識について誰にも負けないと言い切れるレベルの専門性の実現 5仕事を進める上での基礎力向上 若い段階から仕事を進める上での基礎力として“前に踏み出す力”“考え抜く力”“協力して働く力”を養成
人財育成の2つの基礎と3つの柱

人財育成

研修制度の充実

当社グループでは、全事業会社共通の研修として、「仕事を進める上での基礎力向上」「職能専門力向上」を2つの基礎、「経営リーダー育成」「高度専門力向上」「グローバル人財育成」を3つの柱に掲げています。
具体的には、新入社員研修、新任経営管理職向け研修などの階層別研修を実施しています。また、グローバル・マネージャー養成研修など、それぞれの事業分野や職務内容に応じた研修を行い、社員の能力開発や業務遂行の支援を行っています。

高度専門職制度

社内外に通用する専門性を評価し、広くグループ全体で活躍することを期待し「高度専門職制度」を実施しています。2018年4月現在、当社グループでは、122名(事業部長以上待遇10名、部長待遇46名、課長待遇66名)が高度専門職として任命され、活躍しています。
「Cs for Tomorrow 2018」の3つの柱の一つである「新事業の創出」を担う技術系人財の育成・活性化施策を強化するため、2017年度に制度を改定し、技術や専門性を深耕・発展させ新事業創出および事業強化をけん引する人財を育成していきます。

グローバル人財の育成

中期経営計画「Cs for Tomorrow 2018」で掲げるグローバル展開を人事面で推進すべく、若手社員に対する海外実務研修生派遣(トレーニー)プログラムの導入、海外現地法人の従業員対象の研修(理念浸透施策、異文化コミュニケーション研修、マネジメント研修等)などを具体的に実施しています。

自己研鑽の支援

当社グループでは、2003年10月から職務遂行能力や専門知識・技術を高める努力を支援する制度として、「自己研鑽支援制度」を設け、能力開発に要した経費の一部を支援金(受講料などの補助)として支給しています。