地球環境

生物多様性保全

方針

旭化成グループは、事業活動において生物多様性に配慮し、生物多様性に及ぼす影響を軽減し、生物資源の持続可能な利用に努めることを方針とし、具体的な取り組みを「生物多様性保全に関するガイドライン」に定めました。このガイドラインに基づき、2010年度より事業活動と生物多様性とのかかわりの把握を開始しました。また、生物多様性に配慮した事業活動を行うよう、RC教育等を通じて社員の意識啓発を図っています。

調達における生物多様性のかかわり調査

事業活動と生物多様性との関わり調査票

当社グループの原材料の新規利用および変更に伴う事業活動と生物多様性のかかわりについて、「事業活動と生物多様性との関わり調査票」を用いて、「原材料の原産国」、「加工・製造業者」、「一次ベンダー(商社等)」の調査を行い、問題がないことを確認しています。

グループにおける生物多様性保全の取り組み

旭化成グループで「まちもり」アクションをスタート

階層構造を持つ植栽を配置した「まちもり」ポットを、旭化成グループの全国の事業所緑地に導入し、これまで生物多様性保全の要素が盛り込まれていなかった緑地を、生き物の視点で価値の向上を図るとともに、継続的に観察や情報発信する取り組みを通して、当社グループ従業員の生物多様性保全に対する理解と認識を高めていきます。

活動の特徴

  • 全国の事業所緑地に対して、植物社会学的手法による地域区分を行い、地域植生に配慮した植栽を選定した「まちもり」ポットを導入・育成し、生物多様性保全の観点から緑地の価値を向上させていきます。
  • 導入に際し「まちもり」ポットの生物多様性保全に対する機能、役割、期待される効果等を教育し、従業員への生物多様性保全の啓発につなげます。
  • 「設置」「観察」「発信」「発展」の各ステージにおいて、それぞれの取り組みを「まちもり」ポイントで評価する事で、数値化・見える化するとともに、中長期目標を設定し継続的な活動とします。
  • この活動をツールとして、地域とのコミュニケーションを深めていきます。
守山製造所の「まちもり」ポット
3年後の「まちもり」ポットの植栽イメージ
従業員啓発用ポスター

「SATOYAMAイニシアティブ推進ネットワーク」への参画

SATOYAMAイニシアティブ推進ネットワーク

2013年9月に設立された「SATOYAMAイニシアティブ推進ネットワーク」は、企業、研究機関、行政、NGO・NPO等113団体(2018年6月現在)で構成されます。国内における多様な主体がその垣根を越え、「SATOYAMA」をキーワードに、さまざまな交流・連携・情報交換等を図るためのプラットフォームを構築し、生物多様性の保全や利用の取り組みを国民的取り組みへと展開しています。当社グループも発起団体として参画しており、2017年度は、総会を守山製造所で開催するとともに、幹事会、セミナー、実務者連絡会議、現地視察会に参加しました。

2017年度各地区の主な取り組み

富士地区の取り組み
「あさひ・いのちの森」育むプロジェクト

「あさひ・いのちの森」は、富士市田子の浦の自然や里地・里山を再生し、地域の生き物たちとその生態系の保全を目指すエコトープとして、2007年に旭化成富士支社の敷地内に造成しました。「あさひ・いのちの森」自体を育てる事はもとより、「あさひ・いのちの森」で地域の「いきもの」を育てる、「あさひ・いのちの森」を活用した環境教育、情緒教育で「人」を育てる、「あさひ・いのちの森」から得られた「知見」を事業の中で育てる取り組みを推進しています。

主な活動

  • 「あさひいのちの森」の成長の把握と管理のために、植栽についての定置枠植生調査、毎木調査、全域植生調査や昆虫相調査を実施しています。また、近隣の公園や住宅地、小学校の生態系調査を併せて行う事で、エコロジカルネットワーク構築のモニタリングを行っています。
  • 行政、ミュージアムの方々と連携し、環境教育の一環として、こどもエコクラブの交流会等で観察会を実施しています。また初夏にはホタルまつりを開催し、地域とのコミュニケーションを深めています。
  • 2017年度は「あさひ・いのちの森」10年の活動をまとめ、記念誌を発行しました。
  • 2017年に(公財)都市緑化機構の、社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)「そだてる緑」部門でStage2認定を取得しました。
「あさひ・いのちの森」全景
生き物観察会
10周年記念誌

守山地区の取り組み
絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動

守山製造所は、地下水をくみ上げ工業用水として利用しています。設備の間接冷却水として利用した地下水は水質監視を行い、排水として周辺の河川に放流しています。守山製造所の放流水は、農業用水としても利用され、地域の農業や水辺の生き物に欠かせない水となっています。
このような背景を踏まえ、生物多様性と事業活動が深く関係している「水」をテーマにした生物多様性保全活動を2010年度から開始しました。
2015年度からは、絶滅のおそれがある淡水魚「ハリヨ」の生息域外保全活動を開始しました。2017年度はハリヨの保全に取り組む近隣自治会の方々、滋賀県立琵琶湖博物館学芸員と交流会を開催し、保全池の管理、滋賀県におけるハリヨの現状について情報共有を図りました。ハリヨの保全については、専門家によるモニタリング調査で、70匹余りのハリヨを確認することができ、順調に保全できていることを明らかにできました。
このような排水管理を含む水をテーマにした生物多様性保全活動の取り組みが評価され、日本化学工業協会主催の第12回 日化協レスポンシブル・ケア賞において審査員特別賞を受賞しました。

ハリヨのモニタリング調査
日化協レスポンシブル・ケア賞受賞式

旭化成住工の取り組み
森と水をつなぐ東近江の暮らし再発見プロジェクト

旭化成住工・滋賀工場が立地する東近江市湯屋地区には、かつて溜池や水田、雑木林など多様な里山環境が分布する豊かな水辺生態系と、水利や防災など溜池を中心とした暮らし・文化がありました。この溜池の一部を復元することで地域に生息するいきものを保全し、観察会などで地域住民にその大切さを伝え、工場イベント等を通じて、地域資源としての森林や農作物などを守るためのつながりの場を提供しています。

主な活動

  • 2017年6月に水辺生態系に生息するいきものの保全を目的として、敷地内に工場建設以前にあった溜池の一部を1/5スケールで復元した「湯屋のヘーベルビオトープ」を建設しました。建設に当たっては、近隣の(株)クレフィール湖東に協力をお願いし、同社敷地内にある生物多様性豊かな湿地の土や植栽を移植するとともに、昔からの貴重な環境が残る近隣の溜池を管理する自治会に依頼し、ここに生息する水草の移植や、隣接する田んぼの水路の魚を導入し、生態環境を整備しました。
  • 東近江市や近隣小学校と連携し、夏休みや工場秋祭りを利用して、(株)クレフィール湖東との共催で親子トンボ観察会や、ビオトープでのいきもの観察会を、専門家の指導のもとで実施しました。
  • これらの活動は広報誌で社内外に積極的に報告しており、2018年6月、NPO法人日本ビオトープ協会主催「第10回ビオトープ顕彰」において、湯屋のヘーベルビオトープが「CSR特別賞」を受賞しました。
湯屋のヘーベルビオトープ
いきもの観察会
「第10回 ビオトープ顕彰」授賞式

生物多様性 湖東地域ネットワーク 「トンボ79大作戦!」

積水樹脂株式会社(滋賀工場)、株式会社ダイフク(滋賀事業所)、旭化成住工(滋賀工場)と旭化成・守山製造所の4社が連携し、「生物多様性 湖東地域ネットワーク」を立ち上げました。
このネットワークでは、滋賀県の湖東地域の生物多様性保全を目的に、2016年度からトンボをテーマにした活動「トンボ79大作戦!」に取り組んでいます。
滋賀県は全国有数のトンボの生息地で、滋賀県の湖東地域には79種のトンボの生息が確認されています。また、トンボはその生態により水とのかかわりも深く、環境の健全性を表す指標種とされています。
「トンボ79大作戦!」では、探す、守る、知らせる、の三つの作戦を掲げています。「探す」取り組みでは、2016~17年度の調査で、各事業所の敷地ならびに周辺地域で56種のトンボの生息を確認しました。「守る」取り組みでは、各社が“推しトンボ”を決め、保全活動を実施しています。「知らせる」取り組みでは、滋賀県立琵琶湖博物館でのパネル展示や各種セミナーでの活動発表を行いました。
一連の取り組みの成果と発展性が認められ、滋賀県主催の「平成29年度 しが生物多様性大賞」を受賞することができました。また、国連生物多様性の10年日本委員会の認定連携事業にも選ばれました。
今後も地域、行政、専門家との連携を図りながら、湖東地域の生物多様性保全に取り組みます。

守山製造所内での専門家と従業員によるトンボの生息状況調査
滋賀県立琵琶湖博物館でのパネル展示
しが生物多様性大賞授賞式

延岡・日向地区の取り組み
第2回「あさひの森in速日の峰」植樹祭を開催

2018年4月7日、延岡支社は、同支社のある宮崎県延岡市の北方町速日の峰で「第2回あさひの森in速日の峰」植林活動を行いました。当社は、2007年から、宮崎県が推進する「企業の森づくり」制度を活用して2007年から植樹活動を進めており、これまでに宮崎県日之影町で20ha、と高千穂町で20 ha、五ヶ瀬町で1 ha、延岡市北方町で2 haの計43 ha余りの山林を、スギ・ヒノキなどの人工林から、広葉樹を主体とした自然林へと戻してきました。
今回の植樹祭は、北方町速日の峰の町有林1 haに、ヤマザクラ800本、ケヤキ500本、カエデ500本、山栗200本といった広葉樹の苗2,000本を丁寧に植えました。 当日は寒の戻りで時折吹雪交じりの天候のもと、当社グループの従業員・家族、旭化成OB、AJS(株)、市内の関連企業、旭中学校などから総勢約450人が参加しました。
延岡市、北方町、延岡地区森林組合の皆様をはじめ、スタッフ・関係者の協力のおかげで、開会式、吹雪の中の植樹、昼食と特産品販売、抽選会と、記憶に残る植樹祭になりました。

植樹開始
植樹祭に参加したメンバー
身の丈ほどの大きな鍬を振り下し、穴を掘っての植樹