繊維事業

旭化成の祖業であり世界オンリーワン製品でもあるキュプラ繊維「ベンベルグ」など、90年におよぶ原糸、原綿、生地作りといった経験で培った技術により、独自性と差別性のあるユニークな繊維素材をグローバルに展開し、次世代を担う先端材料の開発にも注力しています。

事業会社
旭化成

繊維事業本部 ウェブサイトはこちら

http://www.asahi-kasei.co.jp/fibers/

ベンベルグ

コットンリンター(綿花の種子のまわりについているうぶ毛)を原料として生まれた地球にやさしい再生セルロース繊維「ベンベルグ」(キュプラ)は、すべりが良く、美しい光沢、高吸湿性などの特長を有しています。1931年の事業開始以来、裏地用途をはじめ、アウター、インナー、スポーツ、寝装、民族衣装などさまざまなカテゴリーに事業を拡大しています。

ロイカ

プレミアムストレッチ繊維「ロイカ」は、しなやかな伸びと回復性を特徴とする、機能性に優れたスパンデックスです。高いストレッチ性が求められるパンティストッキング、インナーウエア、水着をはじめとするスポーツ衣料から、オムツやメディカル材料などの資材分野でも活用され、日本、台湾、中国、タイ、ドイツの世界5拠点での生産を行っています。

不織布

独自に培った製造技術を駆使し、機能的で多彩な不織布製品を提供しています。世界で唯一ナイロン・ポリエステル・ポリプロピレンの3原料で展開し 、紙オムツや各種資材用途に広く使用されているスパンボンド不織布「エルタス」や、環境にやさしいキュプラ不織布「ベンリーゼ」、家具・カーシートなどに使用されるマイクロファイバースエード「ラムース」、デジタル機器やケーブルのノイズ抑制シート「パルシャット」 など、多岐にわたる分野で展開しています。

レオナ繊維

ナイロン66繊維「レオナ」は、強度、耐熱性、耐久性に優れた繊維で、自動車のタイヤコード(芯材)やエアバッグなど、各種産業用資材に使用されています。原料一貫の効率的なプロセスで生産されており、各資材の軽量化にも役立っています。

ハイライト

伝統を、ただの過去にしない。

伝統を、ただの過去にしない。

独特の意匠に満ちた布「サリー」は、インドの民族アイデンティティの象徴です。しかし、現在では、ファッションの多様化から、着る機会が限られてきました。
旭化成の糸「ベンベルグ」で織られた、しなやかで、鮮やかな「サリー」をご覧ください。