問題 伝統を、ただの過去にしない。

SCROLL

より柔らかく、より鮮やかに。
旭化成の糸から生まれたサリーが、伝統を新しいものにしている。

サリーとは、幅1.2m長さ5.4mほどの一枚の布。インド独特の意匠に満ちたこの布は、民族アイデンティティの象徴そのものであったが、現在では、ファッションの多様化から、着る機会が限られてきたという。伝統を、昔ながらの世界に押し込めるのはたやすい。けれど、少し寂しい。
旭化成の糸「ベンベルグ」が、インドのサリーに新しい風を送っている。「ベンベルグ」は、綿花の種からつくられる自然素材の繊維。シルクに匹敵する感触と優れた吸湿性をもち、世界中の高級衣料の裏地に使用されている。この「ベンベルグ」でサリーが織られ、人気を集めつつある。ポイントは、手触りと、発色と、扱いやすさ。大胆なデザインが施され、ジーンズに合わせるなど、新しい着こなしも見られるようになった。
インドの伝統が息づくサリー。義務や形式ではなく、楽しく身につけるものであってほしい。
昨日まで世界になかったもの「ベンベルグ」。

昨日まで世界になかったものを

SCROLL

伝統を、ただの過去にしない。

独特の意匠に満ちた布「サリー」は、インドの民族アイデンティティの象徴です。しかし、現在では、ファッションの多様化から、着る機会が限られてきました。
旭化成の糸「ベンベルグ」で織られた、しなやかで、鮮やかな「サリー」をご覧ください。