問題 希望をつくろう。

SCROLL

血液中から病気に関わる物質を取り除く。
旭化成は血液浄化技術「アフェレシス」で、難病治療に新たな選択肢を提供します。

いつか元気になる。病と闘う人は、その希望に向かって生きている。そして、人に希望を与えられるのは、人しかいない。献身的に働く医師や技士、看護師や医療スタッフのみなさんを見ていると、そう思う。
血液浄化技術「アフェレシス」。それは、血液中から病気に関わる物質を取り除く治療法。血液を体外の装置に通し、ろ過・吸着などの分離技術で病につながる成分を取り除いてゆく。免疫疾患ならば活性化白血球を、脂質異常であればLDLコレステロールを、そしてC型肝炎では原因ウイルスを取り除く。
自分の血液を浄化して、有用な成分を体内へ戻す身体にやさしい治療法であり、特効薬が見つからない状況でも、血液から治すという新たな選択肢となっている。
現在旭化成は、欧州やアジア各国、そして米州で、この治療法の普及に努めている。私たちは医師ではない。看護師でもない。
しかし医療技術を進歩させることで、希望をつくる仕事に加わりたいと思う。あきらめてはいけない。人のいのちに関わることだから。
昨日まで世界になかったもの「アフェレシス」。

昨日まで世界になかったものを

SCROLL

希望をつくろう。

血液中から病気に関わる物質を取り除く。
旭化成は血液浄化技術「アフェレシス」で難病治療に新たな選択肢を提供します。