無線メッシュネットワーク型
「ニアライン設備診断システム(MD-910)」

回転機械の異常兆候の監視と傾向管理による予知保全を実現

2018年TPM優秀商品賞 開発賞受賞!

TPM

現場の回転機器に加速度センサを取り付けることにより、設備の異常兆候の監視と無線ネットワークにてデータを自動的に収集し、傾向管理による予知保全を容易に実現が可能です。
「ニアライン」とは、オンラインモニタリングとポータブル計測器による測定の中間を意味し、以下のような計測が行えるシステムです。
・計測データを自動的に収集する(人の手による測定は不要)
・測定周期は1日程度(常時監視ではございません)

img

システム概要

img

※製品の仕様およびデザインは予告なく変更することがあります。
※クラウド自動診断(Web型遠隔自動振動診断システム(A-RMDs®))をご利用いただく際は、別途、旭化成エンジニアリング(株)との利用契約が必要となります。

最大構成イメージ

img

製品に関するお問い合わせはこちら

特  長

1. 低コストで設備の状態管理が行え、大きな効果を得ることが可能です。
2. 重要設備への小規模からスタートし、後から拡張することが可能です。
3. 自動的にデータ収集が行われますので、測定作業が不要となります。
4. 遠隔の自動診断で、高度な診断報告を得ることが可能です。自動診断をご利用いただくためには、別途MTM・A-RMDs®のご購入及びご契約が必要となります。
※MTM・・・Machine Trend Master、A-RMDs®(旭化成エンジニアリング株式会社製)

仕  様

親機 MD-910M

サイズ H200×W150×D90mm(コネクタ部は除く)
使用環境 温度:-10~50℃、湿度:0~80%(RH)
設置場所 半屋外(防塵防滴 IP62)
電源 AC電源(85~265V)
通信 メッシュ型近距離無線(2.4GHz帯)
通信距離:最大200m(見通し1区間)、最大接続数:100台
親機⇔PC間はイーサネット

子機(振動タイプ(※1))MD-910V

サイズ H200×W150×D90mm(コネクタ部は除く)
使用環境 温度:-10~50℃、湿度:0~80%(RH)
設置場所 屋外可(防塵防滴 IP66)(※2)
電源 専用電池(標準使用時寿命4年)
通信 メッシュ型近距離無線(2.4GHz帯)
通信距離:最大200m(見通し1区間)、最大接続数:100台
入力
(適合センサ)
振動加速度 固定センサ(※3)
SAF11-20K(防塵防滴 IP62)
測定 4ch 測定(加速度・速度)
測定範囲 速度(V)モード:0.1~200.0mm/s(10~1kHz)
加速度(A)モード:0.01~50.00G(1k~20kHz)
ベアリング加速度(Br)モード:0.01~50.00G(10k~20kHz)
監視周期
(標準)
1回/1日:OA値(速度、加速度、ベアリング加速度) Peak値
(Br加速度)(※4)
1回/7日:生波形(速度、加速度、加速度ENV)(※4)

中継機 MD-910n

サイズ H130×W100×D70mm
使用環境 温度:-10~50℃、湿度:0~80%(RH)
設置場所 屋外可(防塵防滴 IP66)(※2)
電源 専用電池(標準使用時寿命4年)
通信 メッシュ型近距離無線(2.4GHz帯)
通信距離:最大200m(見通し1区間)、最大接続数:100台

※1:電流・温度・アナログ入力タイプの子機も開発中
※2:防爆タイプの子機・中継機も開発中
※3:防塵・防水タイプ、防爆タイプの振動加速度固定センサも開発中
※4:管理ソフトではCF値として表示されます
※5:管理ソフトではFFT(800ライン)も演算して表示されます

PC監視ソフト

各設備の測定データは、管理ソフトに集約され監視ホストPCで一括監視が可能です。

機器監視画面 機器監視画面
トレンド監視画面 トレンド監視画面
FFT画面 FFT画面
機器台帳
メンテナンス画面
メンテナンス画面

オプション

1) MTM for Windows(Machine Trend Master)

多くの診断実績の基づくデータ評価機能により、確実で効果的なCBMを実現します。
MTMを利用することにより、速度・加速度の基準判定と指導値傾向管理及び速度・加速度・エンベロープの生波形及びFFT解析を行うことが可能です。

MTM for Windows(Machine Trend Master)

2) Web型遠隔自動振動診断システム A-RMDs®(Asahi‐Remote Machine Diagnosis system)

お客様で測定・管理されている振動データをWeb経由でA-RMDs®サーバーにアクセス(登録)頂く事で、ごく短時間に異常の有無や診断結果(異常原因と対策)を明示及び報告書のダウンロードを行うことが可能となります。
※A-RMDs®をご利用いただく際は、別途、旭化成エンジニアリング(株)との利用契約が必要となります。

(1) 振動診断結果一覧

振動診断結果一覧

(2) 個別診断結果

個別診断結果<