High Function

Reliable Brand

フェイスマスクシートを製造して四半世紀以上。
「ベンリーゼ使用」は高品位マスクの証。

ベンリーゼはMade in Japan。
宮崎・延岡の豊かな自然に囲まれた、
環境と共生した工場で
独自の技術によって丁寧に作られています。

ベンリーゼは、旭化成創業の地・宮崎県延岡市にある一つの工場でのみ生産されています。
海・川・森林に恵まれたこの地で、環境に配慮した持続可能なものづくりを続けています。

2017年2月、新工場が竣工しました
スキンケア分野を中心としたグローバルマーケットでの需要拡大に応じ、宮崎県延岡市内に新たな製造設備を増設しました。最先端の機器を備え、安全でクリーンな生産体制が整っています。 「ベンリーゼ」増設設備の商業運転開始について
フェイスマスクシートのパイオニア
ベンリーゼが初めてフェイスマスクに採用されたのは1990年代初め。まだ、フェイスマスクが一般に知られるずっと前の話です。以来、ベンリーゼはフェイスマスクが一般に定着し、拡大する市場と歩んできました。
現在、ベンリーゼを採用しているブランドは世界各国に広がっており、過去10年間で数十億枚分のフェイスマスクにベンリーゼが使用された計算になります。(2006〜2015年の販売量に基づき当社独自調べ)
フェイスマスクが世界各国でこれほどまでに普及し、様々なシート素材が流通している現在でも、一流ブランドの多くがベンリーゼを選んでいるという事実。それは、旭化成が社会のトレンドやライフスタイルの変化に柔軟に対応し、技術革新や設備投資を重ねながら時代のニーズに合った素材を提供し続けてきた結果ともいえます。
肌の快適を可視化する:商品科学研究所
滋賀県守山市にある旭化成の商品科学研究所では、多くの研究員が様々な評価機器を使って日々研究しています。素材の特性はもちろん、人の脳波を測定し、使用時の快適性などもシミュレーションできます。
クオリティの証:ベンリーゼブランド
ベンリーゼは英語ではBemliese、中国語では冰羽灵(ビンユリン)と表記します。
ベンリーゼの名称やロゴは、旭化成が大切にする商標であり、信頼と安全・安心の証です。旭化成は、化粧品メーカーが製品のパッケージや告知物にベンリーゼの名前を表示する際には、基準と使用ルールを定めています。Bemliese

PAGE TOP

Bemliese®、ベンリーゼ®は旭化成(株)の登録商標です。