EUTEC® 油水分離フィルター(液液分離)

ユーテック®FSの特長

お互いに不混和な2液の分離が可能であり、油水混合液から遊離水(または遊離油)を分離することができ、液液分離フィルターとして用途は広がり続けています。
従来の2液分離方式には次のような方式(静置分離・遠心分離・吸着分離)がありますが、それぞれ問題点があります。

ユーテック®FSの特長

特長1

フィルターメディアは独自の超極細繊維構造体

超極細繊維の繊径は1~3ミクロンの多層体
ミクロンオーダーで分散した混合液を確実に捕集し、分離します。
孔径が小さいのに高い空隙率があるので圧損が低く、高い分離速度で設計が可能です。
超極細繊維は1本がつながった長繊維
長繊維をノーバインダーで生産しており、グラスファイバーのようにバインダーの溶出や、繊維の流出がありません。


旭化成(株)が開発した超極細繊維膜

特長2

大処理量・高寿命を実現(当社比)

フィルターメディアは全面プリーツ加工品
プリーツ加工ならではの高濾過面積により処理量(流量)の大幅UPが可能です。
高濾過面積に加え、空隙率が高いので、ダストの捕集量が多く、カートリッジが長く使用できます。


フィルターカートリッジ

特長3

1回の濾過(ワンパス)で2液分離が可能

ベッセルのオンライン接続が可能
オンライン接続により、混合液のバッチ処理が不要になり、ワンパス連続運転が可能です。
  • 大型べッセル例
  • 小型べッセル例

製品

EUTEC® FS

EUTEC® サイトマップ