セルロースナノファイバー不織布

セルロースナノファイバー不織布について

高い比表面積と空孔率を実現

セルロースナノファイバー不織布(CNF)は、平均繊維径が100nm以下のセルロースナノファイバーからなる多孔質シート材料です。当社独自の抄紙技術により製造された『高い比表面積と空孔率を有する多孔質シート』は様々な用途への応用が可能です。

セルロースナノファイバー不織布(CNF)の特徴

セルロースの分子構造

セルロースナノファイバー不織布(CNF)の基本物性

平均繊維径 nm 30〜100
表面SEM画像
目付 g/m2 3〜20
膜厚 μm 7〜80
空孔率 〜85
比表面積*1 m2/g 〜55
熱膨張係数*2 ppm 〜10

*1. B.E.T法測定  *2. TMAによる50〜200℃間の平均係数

お問い合せはこちらから

使用上の注意
お問い合わせ

本素材は開発品であり、試験品のご提供に際しては秘密保持契約等が必要となります。

ページ上部へ