旭化成 繊維グローバル
産学連携プロジェクトGlobal Academia-Industry Collaborations

HOME > 旭化成 繊維グローバル産学連携プロジェクト > 産地の学校ベンベルグラボ

日 本 「産地の学校」ベンベルグ®ラボを開校します。

宮浦晋哉氏が代表を務める株式会社糸編は、繊維産地の活性やアパレル産業の人材育成を目的として2017年から「産地の学校」を運営しています。 旭化成は、宮浦氏の活動に感銘を受け、産地の学校と共同で特別コース「ベンベルグラボ」を立ち上げました。日本各地の繊維産地のことをより深く勉強したい大学生・専門学校生や、ここでの学びで更にステップアップをはかりたい社会人など、バラエティー豊かな受講生15名が集まりました。 全6回の講義の中で、山梨産地や延岡のベンベルグ工場視察なども行う予定です。

スケジュール

  • 【第1回】 10月13日(土)
  • イントロ講義「なぜ、産地の学校がベンベルグに注目したか?」
  • 【第2回】 11月10日(土)
  • 「ベンベルグアウターの商品開発」※旭化成と産地との商品開発を具体的に講演
  • 【第3回】 11月15日(木)
  • ベンベルグアウター素材展視察、ベンベルグ裏地ミュージアム+視察
  • 【第4回】 11月27日(火)
  • 山梨先染裏地生産場視察、富士技術支援センター視察
  • 【第5回】 12月25日(火)~12月26日 (水)
  • 旭化成ベンベルグ工場視察、旭化成レオナ工場視察
  • 【第6回】 2月16日(土)
  • 「発表会」講義の成果をプレゼンテーション ※書類審査有り。

ベンベルグ®は旭化成の再生セルロース繊維・キュプラのブランドです。

TOPページに戻る

PAGE TOP