ベンベルグ裏地の特長

〈機能の紹介〉すべり性

軽くて快適な着心地をサポートする「すべり性」

〈各種素材と裏地(タフタ)との摩擦係数〉

<ベンベルグ>裏地は、シャツやブラウスに使われる中衣素材(綿やポリエステル/綿混、ポリエステル100%織物)や表地素材(ウール)との摩擦係数が小さく、ジャケットやコートの袖通しもスムーズで、着用時も体の動きを拘束せず快適な着用感が得られます。

各種素材と裏地(タフタ)との摩擦係数グラフ
各種素材と裏地(タフタ)との摩擦係数グラフ

※旭化成調べ

〈着用時の裏地音量比較〉

ジャケットやスカート、ワンピースの着用時に気になるのが裏地のガサガサ音。<ベンベルグ>裏地は、各種素材との摩擦係数が小さいので、体の動きに伴うガサガサ音も気になりません。

着用時の裏地音量比較グラフ

※旭化成調べ

表地(ウール)と各種裏地(タフタ)を組み合わせたボトムを着用の上、無響室内で歩行(30秒)して音の強さを測定。(dB)

〈肌に触れてもやさしいベンベルグ®裏地〉

又、<ベンベルグ>裏地は、滑り性が良いことに加えて、天然の原料である綿実の周りのうぶ毛を再生した繊維であり肌への刺激が小さい事も特徴の一つです。
半袖やタンクトップの上に上着を着る機会の多い、初夏〜夏でも<ベンベルグ>裏地なら優しくさわやかな肌ざわりです。

イメージ:ベンベルグ®裏地
ベンベルグ裏地のすべり性動画
個人のお客様向けサイト
ベンベルグブランドサイト
お問い合わせ

ベンベルグ®、Bemberg®は旭化成(株)の登録商標で、一般繊維名はキュプラ(Cupro)です。

ページ上部へ