HOME > ナノリーフ

NanoLeaf(ナノリーフ)®

<ナノリーフ>とは

<ナノリーフ>は、セルロースナノファイバー(CNF)で構成された、極めて薄く孔径制御が可能な多孔質CNF不織布層を含むシートです。
フィルターとして使用すれば、極薄設計等により微粒子の分離性能を維持しながら高フラックス性を発現することができます。
また、様々な樹脂フィルム等の芯材として使用し複合フィルムとすれば、フィルムの低熱膨張化が可能です。

  • 写真:CNF-nwのナノ積層構造

特 長Features

CNFより構成される多孔質シート
Porous sheet composed of CNF
・CNFからなる多孔質層を含み、ナノネットワークや平滑な表面など、CNFのナノ材料としての特徴を
最大限に活かせます。・空孔率: 30 ~ 80 %NanoLeaf® is composed of a porous CNF layer with 30-80% in the porosity range and has homogeneous nano-network structure with very flat surface.
極薄設計可能
Possible to make the sheet having
ultra thin thickness
・CNF層の厚み:3 ~ 80 μm
Thickness range of CNF layer : 3~80μm・極薄設計により、膜として高いフラックス性が期待できます。High flux can be expected as a membrane by the design of ultra thinness.
孔径制御が可能
Pore size is controllable
in the range of under 0.01 μm to 0.7μm
・平均孔径:0.01 μm 以下~ 0.7 μm
Controllable range of average pore size : under 0.01μm ~ 0.7μm・CNF繊維径、目付の制御により、様々な平均孔径に設計可能です。Wide range of pore size can be designed by controlling the CNF fiber diameter and sheet weight per unit area.
大きな表面積
Large surface area
・比表面積:~ 100 m2/g
Specific surface area : ~ 100 m2/g・大きな表面積と機能性置換基の導入により高機能性シートを設計できます。Large surface area and the introduction of functional group give NanoLeaf® the functionalities.
表面修飾による機能化が可能
Possible to add the functionalities
based on the surface modification
・CNF表面の水酸基を化学修飾することにより、様々な機能付与ができます。
It is possible to have various functionalities by chemical modification for hydroxyl groups on the surface of CNF.・機能付与例:耐水化,耐溶剤化,疎水化,撥水化For example, it is possible to add water-resistant, organic solvent-resistant, hydrophobic or water-repellant properties on NanoLeaf®.
高い熱安定性
High thermal stability
・線熱膨張係数:5 ~ 10 ppm/℃
Coefficient of linear thermal expansion: 5 ~10 ppm/℃・200 ℃の高温に至るまで機械的物性を維持します。Keeping the mechanical properties up to high temperature (~200ºC)

物 性Physical properties

●耐水化の有無
water resistant treatment
●繊維径による制御
By fiber diameter sample : sheets weight 10g/m²
●膜としての応用例 : 高透湿膜Example as a membrane : Ultra high water vapor permeable membrane
●熱線膨張係数
Linear coefficient of thermal expansion estimated
by a thermomechanical analysis ( TMA )
図:熱線膨張係数
●貯蔵弾性率
Storage modulus estimated by a dynamic
mechanical analysis ( DMA )
図:貯蔵弾性率

ラインナップLineup

<ナノリーフ>は、平均繊維径範囲:30nm~400nmの範囲のセルロース繊維から構成される単繊維不織布層を含むシート材料です。面方向に形成されたCNFのナノネットワークが厚み方向に多層重なった構造をしており、極めて薄い設計が可能な多孔質シートです。
CNFだけからなる単層シート、およびCNF層を汎用の支持体上に積層させた構造である積層シートの2種類の形状が選択可能です。
また、CNFの表面水酸基を化学修飾することにより、耐水性や撥水性などの機能付与も可能です。
これらにより、様々な用途でお客様のご要望に応じた<ナノリーフ>をご提案いたします。

●3種類の繊維径 (30~400nm)のCNFを多孔質シート化
Possible to make a sheet within a range of 30-400nm in fiber diameter
写真:3種類の繊維径 (30~400nm)
●単層または積層シートとして提供可能
Possible to supply as monolayer type or doublelayer type
●単層/積層(単層での断面)
Selection of monolayer or double
layer; SEM image of a cross section

用途例Applications

イメージ:用途例

記載のデータは測定値であり保証値ではありません。
The data described here are relative values and not guaranteed values.

<ナノリーフ>に関するお問い合せはこちら

<ナノリーフ>は開発試験品であり、サンプルのご提供に際しては秘密保持契約等が必要となります。
NanoLeaf® is a development article. Before supplying our samples, we require you to sign the non-disclosure agreement.

<ナノリーフ>、NanoLeaf®は旭化成(株)の登録商標です。

PAGE TOP