パルシャット®とは・ノイズとは

パルシャット®

<パルシャット>は、貼り付けるだけで広い周波数帯域のノイズを抑制できるシートです。
ノイズ発生源に貼り付ければ、放射するノイズを抑制させることができます。また、ケーブルや回路上に貼り付ければ、それらを伝わる伝導ノイズを抑制することができます。

<パルシャット>の特徴は、非常に薄く、軽いにも関わらず、高いノイズ抑制効果を持つことです。また、フレキシブル性にも優れており、角部分にも貼り付けが可能です。即ち、軽薄・短小化が進んでいる電子機器に非常にマッチしたシートです。
また、シートの構成材料は全て非磁性体であり、貼りつけ部分も限定されません。

非常に多種多様のノイズ問題に対応できる、ノイズ抑制シート、それが旭化成の<パルシャット>です。

ノイズ

私たちの身の回りは、数多くの電気・電子機器で溢れています。それらの機器は、多かれ少なかれ、電磁波ノイズを発生します。例えば、ある電子機器を作動させるために用いられている信号(電磁波)は、他の機器にとっては不要な信号であり、これらにより、誤動作や性能低下などの不具合を起こしてしまうことがあります。このような不要な電磁波のことをノイズ(電磁波ノイズ)といいます。

最近では電子機器の高性能・高機能化が進んでおり、回路が高密度実装化されたり、用いられる信号の周波数が高周波数化されたりすることによって、ノイズの発生が増大しています。

これらノイズ問題を起こさないために、
電子機器にはノイズを発生させない対策(EMI:Electro Magnetic Interference)
ノイズを受けても影響されない対策(EMS:Electro Magnetic Susceptibility)
が必要とされています。

このEMIとEMSは合わせて、EMC(Electro Magnetic Compatibility/電磁両立性)と呼ばれます。 EMC対策のためには、数多くのノイズ対策部材が使用されています。<パルシャット>は、これらノイズ対策部材の1つです。

お問い合わせはこちらから

PULSHUT®、パルシャット®は旭化成(株)の登録商標です。

ページ上部へ