<シュアドライマックス>βは独自の吸水構造により、肌を常にドライな状態にキープします。 また、ファブリック内において、吸湿・放湿性能にすぐれた<ベンベルグ>を使用しているため、 常にドライコンディションをベストに保つ新タイプのドライ&モイスチャーコントロール素材です。

シュアドライマックス® βの繊維構造

シュアドライマックス® βの性能

肌ドライ性 “肌面をさらりと保ち、張り付きにくい”

水分の濡れ戻りが非常に少なく、これが持続するため、ベトつきにくく常に肌面のドライ感を保ちます。
また、ベトつきにくさから肌への張り付きやまとわりつきも抑えます。

連続発汗時の肌DRY性

吸湿・放湿性 “ムレにくくさわやか”

体から発散する湿気=気体の汗をすばやく吸い、外部へ放出するため衣服内を常に快適に保ちます。

吸湿カーブ、放湿カーブ

※検証データ:旭化成調べ  

シュアドライマックス®・SUREDRYMAX® は旭化成(株)の登録商標です。

ページ上部へ