考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

環境と家計にやさしいゼロエネルギー化を推進!

住宅の高断熱化・省エネルギー化や自宅で発電することで、
環境や家計にやさしく快適な暮らしを実現する“ZEH”

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは高断熱化、高効率設備による省エネと太陽光発電などによる創エネにより、年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下となる住まいです。地球環境にやさしい暮らしを目指し、政府は新築住宅のゼロエネルギー化を推進しています。

※一次エネルギーとは、自然界に存在している形そのままのエネルギーのことで、石油・石炭・天然ガス・発電用の水力・太陽光などを指します。
対して、電気・ガソリン・都市ガスなど、生活の中で使いやすい形にしたものを二次エネルギーと呼びます。

断熱、省エネ、創エネを組み合わせてエネルギー収支をゼロに。

年間の一次エネルギー収支が正味(ネット)で概ねゼロ以下。

エネルギー消費を抑制する高断熱仕様と高効率設備による省エネ、太陽光発電などによる創エネで家庭のエネルギー収支をゼロ以下にし、環境や家計にもやさしい、快適な暮らしを実現します。

2020年までに標準的な新築住宅へ、
2030年までに新築住宅の平均にすることを政府は推進しています。

国が進める低炭素化社会へ向けてのロードマップ

1992年 新省エネ基準 1999年 次世代省エネ基準 2013年 改正省エネ基準 2020年 省エネ基準適合住宅の義務化 標準的な新築住宅の平均でZEH化 2030年 新築住宅の平均でZEH化

*出典:経済産業省・国土交通省・環境省より

ページトップへ戻る

ヘーベルハウスのZEHの特長

快適な暮らしがずっと続く「ロングライフZEH」

国が定めるZEH基準に加え、ロングライフという視点で
耐久性の高い断熱材と自然の恵みを活かしたプランニングです。
エネルギー消費を抑制する高断熱仕様と高効率設備による省エネ、
太陽光発電などによる創エネで家庭のエネルギー収支をゼロ以下にし、
環境や家計にもやさしい、快適な暮らしを実現します。

新築時だけでなく、半世紀後も続くヘーベルハウスの[耐久型断熱]

ヘーベルハウスは、高性能断熱材ネオマフォームとALCコンクリート・ヘーベルの
二重の断熱構造によって室内の熱を逃がさず、
さらに基礎断熱ALC 床構法によって室内と床下の温度差を少なくすることで、
ZEH 基準が求める高い断熱性能を実現します。

高い断熱性能を維持し続ける旭化成独自の素材

ネオマフォーム 住環境とともに自然環境にも配慮した次世代の高性能断熱材

F区分 熱伝導率0.020

空気を上回る世界最高レベルの断熱性能を実現した、旭化成独自の素材。住まいの断熱性を上げることで、外気からの影響を和らげるだけでなく、冷暖房などのエネルギー消費量の削減にも大きく貢献。フロンを使わないグリーンガス発泡による微細な気泡構造が熱を伝わりにくくするとともに、60年以上の耐用年数を実現します。


100ミクロン未満のネオマフォームの気泡


微細な気泡が熱を伝わりにくくする

熱伝導率 F区分 0.022以下 D区分 0.034〜0.029 C区分 0.040〜0.035 B区分 0.045〜0.041 A-2区分 0.050〜0.046 A-1区分 0.052〜0.051
(社)日本建材・住宅設備産業協会ホームページより抜粋

公共建築・医療分野でも採用されるネオマフォーム

断熱性はもちろん、安全性や軽量性も高く評価されるネオマフォーム。住宅以外にも多方面に採用されています。


文化財収蔵のため断熱性や
安全性が求められる[寺院]


厳密な温度管理が必要な
[医療用血液輸送バッグ]


不特定多数の人が集まるため防災面での性能
が期待される[劇場施設]


ALCコンクリート・ヘーベル 一般的なコンクリートの約10倍の断熱性能

ヘーベルハウスが採用している「ALCコンクリート・ヘーベル」は、一般のコンクリートに比べ約10倍の断熱性能で、暑さや寒さを遮り結露の発生も防ぎます。また遮音性、調湿性などの性能に加え、耐久性、高い強度、寸法安定性、耐火性などの複合性能を60年以上にわたって維持し、安心で快適な暮らしをずっと守ります。

住まいにとどまらない採用実績

断熱性に加え、室内環境を理想的な状態に保つ調湿性や耐火性能などの高い複合性能が評価され、
寺院や美術館などでも採用されています。

唐招堤寺

美術館

長期にわたり高い性能を発揮し続ける断熱構法

ヘーベルシェルタードダブル断熱構法 断熱材で建物を連続的に包み込む二重の断熱構造

外壁・屋根・1階床にALCコンクリート・ヘーベルと高性能断熱材を一体化させた二重構造を形成。鉄骨躯体をこの二重の「断熱ゾーン」で連続的にくるみます。また、断熱ゾーンと完全に分離した「配管・配線ゾーン」を設けることで断熱材の欠損を低減しています。


1階床の断熱仕様 床下をしっかりガードする安心の断熱層を構成

1階床の断熱仕様

ヘーベルハウスでは、外周基礎の内側に高性能断熱材ポリスチレンフォームを張り、冬場の冷気や夏の湿気を遮断。床下換気口も設けないので、床下に外気が入り込むのを防ぎ、室内と床下の温度差を最小限に抑えます。耐久性はそのままに、外気の影響を受けにくい床下環境を保ち、冬場は底冷えを防ぎます。

家庭の消費エネルギーを賢く抑える省エネ設備

建物の高断熱化により
エネルギー効率を高めたうえで、
ZEHに必要な優れた省エネ設備を導入し
快適性を保ちながら、
日々の暮らしで賢く省エネに貢献します。

*出典:資源エネルギー庁「エネルギー白書2015」より

高効率給湯器 家庭でのエネルギー消費量が大きい給湯器を高効率化

家庭におけるエネルギー消費の約3割を占める給湯。
少ないエネルギーでお湯をつくる高効率な給湯設備により、エネルギー消費を抑制します。

エコキュート ハイブリッド
給湯暖房システム
エネファーム エコジョーズ エコウィル


HEBEL HEMS 家中のエネルギーを「見える化」

「HEBEL HEMS」は、エネルギー情報の表示はもちろん、持ち運んでお気に入りの場所でテレビ放送やビデオを楽しめます。また、オーナー様専用サイトにアクセスしたり、エアコンやエコキュートと連動して、宅内での操作が可能です。10インチの大型液晶画面で見やすく、操作も簡単です 。

1台で4つのメリット

  • 見える データを見ることで、かしこくECOを実現。
  • 楽しむ 家中の好きな場所でテレビ放送を楽しめる
  • つながる エアコンなどと連携し、暮らしをサポート*
  • 知る 「ヘーベリアンネット」に簡単アクセス ※動作保証できる機種は限定されます。

ロングライフ・エコ換気システムⅡ 独自のテクノロジーで実現するエア・クオリティー

毎日の健康で快適な暮らしのためには、住まいの空気のコンディショニングも大切です。ロングライフ・エコ換気システムは、経済的なDCモーターと自然の換気力(重力換気)を利用した、エコロジーな換気システム。室内の汚れた空気を排気しながら、新鮮な外気を各居室の吸気口から安定して取り入れます。


省エネ照明
シーンに応じた照明で快適な空間を演出

長寿命・低消費電力のLEDなど暮らしに合わせた照明計画で、省エネとともに居心地のよい空間づくりを実現できます。

高効率エアコン
節電しながら快適な住環境をつくる

電力の消費を抑え省エネ基準を高いレベルで達成。経済性に優れながら、HEBEL HEMSとの連携(ダイキン製エアコン)など豊富な機能と快適性を備えています。

自宅で消費するエネルギーを創る太陽光発電システム

太陽光発電システム 太陽エネルギーを住まいの電気に活かす

太陽エネルギーを効率よく住宅の電気として利用できる太陽光発電システム。太陽光発電による創エネで消費エネルギーをまかない、エネルギー収支ゼロ以下を実現します。環境にやさしいだけでなく、日中は余剰電力を電力会社に売電し電気代を抑え、万が一の災害時には非常用電源として役立てることができます。
また、ヘーベルハウス独自のシミュレーションシステムで、発電量を左右する設置場所の日照条件を予測することができます。

限られた面積を有効に活用 都市型住宅の新たな屋上スタイル

FUN 自然=光、風、空を満喫する ひと部屋分の広さでも、360°広がる眺望や開放感が得られます × SMART 自然=太陽の力をエネルギーに コンパクトなスペースでも、暮らしに必要な電気をまかなえます。

「太陽光発電×屋上利用」なら満足も倍増

都市の限られた空間を有効に利用するなら、太陽光発電と屋上利用の併用がおすすめ。自然の恵みを暮らしに活かし、同時に楽しさも叶える。制約の多い都市で自然を取り入れる家づくりを追求してきたヘーベルハウスならではの提案スタイルです。

太陽光発電と同じ30年耐用の屋上防水

ヘーベルハウスの屋上防水は太陽光パネルと同じレベルの30年耐用を実現しているため、メンテナンスの手間やコストを減らすことができます。

さらに電気の利用効率を高める最新の設備

太陽光発電で作った電気をしっかりと蓄えてスマートに活用できる「太陽光・蓄電池マルチシステム」や「V2Hシステム」。平常時は電気料金の節約に、災害時など停電になった時には非常用電源としても活躍します。
太陽光・蓄電池マルチシステムV2Hシステム
V2H(Vehicle to Home)

ページトップへ戻る

ZEHの住まい心地

科学的な検証で、自然の恵みを上手に取り入れる

へーベルハウスは極寒期や酷暑期には、その高い断熱性能で“賢くとじて”室内の環境を快適に維持。春や初夏、秋などの過ごしやすい季節は、“賢くひらく”ことで風や光など自然の恵みを活かした心地よい暮らしを実現します。 構造・設計・設備のあらゆる面で自然の恵みを活かす工夫とテクノロジーを融合させ、地球にやさしく、人に心地よい住まいづくりをご提案しています。

ARIOSで快適な暮らしをシミュレーション

ARIOSとは、プランニング段階で、日照、日射、通風、採光を科学的に検証できる、ヘーベルハウス独自の住環境シミュレーションシステムです。設計段階で住み心地を予測できるため、より満足度の高いプランニングが可能です。

STEP 1

土地の正確な情報を入力

STEP 2

周辺建築の条件や気象データも入力

STEP 3

隣家の影響などを考慮し、日照・日射・採光など、光を活かすゾーニングへ

※ARIOS(Asahikasei Real Integrated Organization and Simulation の略)

住み心地を予測する

日照

日照時間と部屋全体の
日当たりを確認

日射

太陽エネルギーの換算によって
夏場に暑くなる部屋を予測

通風

隣家の影響を考慮した風の流れを
計算し、室内の通風を予測

採光

暮らしてみないとわからない
室内の明るさを事前に把握

心地よい暮らしのために自然の恵みを活かす多彩なアイデア

都市の住まいや暮らし方に関する長年の研究をもとに、制約を超えて想いをカタチにできる最適なプランをご提案します。

コーナーを活かした大開口でつながる[中庭] 自然の恵みを家族で楽しめる[屋上アウトドア] ゆとりと開放感が楽しめる[吹抜け]

ページトップへ戻る

ZEH補助金・スケジュール

平成29年度ZEH補助金・スケジュールについて

補助金額 定額75万円
補助対象住宅 自ら居住する戸建て専用住宅
※賃貸併用住宅の場合は、条件を満たした自宅部分のみが対象となりますので、注意が必要です。
公募期間 一次公募:平成29年5月15日(月)~平成29年6月2日(金)17時必着
二次公募:平成29年6月8日(木)~平成29年6月23日(金)17時必着
三次公募:平成29年7月3日(月)~平成29年7月21日(金)17時必着
四次公募:平成29年7月31日(月)~平成29年8月8日(火)17時必着
五次公募:平成29年8月10日(木)~平成29年8月18日(金)17時必着
六次公募:平成29年8月21日(月)~平成29年8月30日(水)17時必着
七次公募:平成29年9月1日(金)~平成29年9月11日(月)17時必着
八次公募:平成29年9月13日(水)~平成29年9月20日(水)17時必着
九次公募:平成29年9月22日(金)~平成29年9月29日(金)17時必着
十次公募:平成29年10月2日(月)~平成29年10月10日(火)17時必着
交付決定 一次公募:平成29年7月7日(金)
二次公募:平成29年7月31日(月)
三次公募:平成29年8月31日(木)
四次公募:平成29年9月12日(火)
五次公募:平成29年9月22日(金)
六次公募:平成29年9月27日(水)
七次公募:平成29年10月10日(火)
八次公募:平成29年10月16日(月)
九次公募:平成29年10月23日(月)
十次公募:平成29年10月30日(月)
※交付決定通知は交付決定後に発送します。
事業期間 一次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成29年12月15日(金)
二次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成29年12月31日(日)
三次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年1月21日(日)
四次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年1月28日(日)
五次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年1月28日(日)
六次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年2月2日(金)
七次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年2月2日(金)
八次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年2月2日(金)
九次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年2月9日(金)
十次公募の交付決定者 交付決定通知を受領後~平成30年2月9日(金)
補助金申込み
までの流れ
補助金申込みまでには、窓の大きさや位置、ZEHに必要な設備仕様(エアコン、給湯・換気設備、
太陽光発電システムなど)の機種や設置位置についても決定する必要があります。
補助金申込み後の
家づくりスケジュール
建物工事は交付決定後に着手する必要があります。
また、事業期間内に建物が完成し、引渡しが完了している必要があります。

※上記補助金やスケジュールは、2017年9月1日時点の内容です。

当社は、下記の通り目標を設定し、ZEH基準の住まいの普及に取り組んでまいります。
2016年度:10%、2017年度:18%、2018年度:40%、2019年度:60%、2020年度:70%。
2016年度実績:11%

詳細については、お近くの展示場にてお問合せください。

ページトップへ戻る

pagetop