考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

家事・子育てをもっと楽しむ

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

北側道路の細長い敷地で実現した、こだわりの明るい住まい

  • 「家族のつながりを感じられ、広々としたLDKを設けたい」と希望されたYさん。日中は吹抜け高窓から柔らかい光に満たされ、夜は間接照明で心休まる空間に。1階LDKと2階は吹抜けを介して空間をつなぎ、部屋の扉を開ければ子どもたちがどこにいても声が届く、安心感のある設計にしました。
  • 庭に面して全開放できる窓からは、心地よい風が吹き抜けます。1階はミャンマーチーク、2階はナラの無垢材と、素足が気持ちよい素材を選択しました。子どもたちの格好の遊びの芝生は、バーベキューなど多目的に利用できるスペースです。
  • ダイニングそばにはお子さんの勉強コーナーを設置。作業スペースが広めのペニンシュラキッチンからは、LDK全体が見渡せます。家族のつながりを大切にし、コミュニケーションのとりやすい空間としました。
  • 家事をしながら外の緑を眺められるキッチン。吹抜け上部には青空が広がり、明るく開放的なキッチンが実現しました。
  • スクエアなフォルムと窓が印象的な外観。道路からの視線を遮る縦格子が家のアクセントに。
  • 外の縦格子と統一感のある玄関正面の縦格子。光や風を通しながら、空間を上手に区切ります。正面の階段を隠しながら、インテリアの一部として用いました。
  • 階段脇に設置された本棚は、家族みんなのライブラリーコーナー。LDKの近くに位置するため、出し入れも便利。思い出のアルバムなども収まる大容量です。

お子さんの小学校入学前の早めの家づくりがよいと考えたYさんは土地探しからスタート。一般的には南側道路が良いと言われている中、あえて北側道路の敷地を選択。南側の隣家と高低差があり、視線を気にする必要のない雛段状の敷地特徴を最大限に活かし、南側から光と風を取り込む吹抜け大開口を設けました。温かみのある無垢の床材や、Yさんの希望で植えられた芝生など、心地よい空間を実現しました。

【所在地】愛知県 Y邸    【家族構成】夫婦+子ども2人
【デザインモデル】CUBIC  【延床面積】143.14㎡(43.2坪) 【敷地面積】195.99㎡(59.2坪)

他の「 家事・子育てをもっと楽しむ 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • ヘーベルウォール50周年カタログセットデザインカタログと新商品「METEO BLUE」の2冊セット!

  • CUBIC roomy心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜けとロフトのある家。

  • 実例集4冊セット30邸の多彩な住まいの実例を豊富な画像でご紹介!

pagetop