考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

限られた敷地を有効に活かした3階建て

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

敷地18坪で実現した屋上付きの3階建ての住まい

  • 壁面にタイルを取り入れた南側はあえて閉じ、西側は全面開口窓を設けたことで、明るく開放的な空間になりました。3階の窓からの景色は遮るものがなく、夏は近隣の花火大会も眺めて楽しめるという。
  • 壁と床、ダイニングテーブルを白で揃え、その他の家具は落ち着いたダークな色合いで統一。3階フロアを全て使ったLDKは予想以上の開放感と明るさに満ち、居心地の良い空間になりました。
  • 和のテイストを取り入れた縦格子のついたシンプルなキッチンが、スタイリッシュなLDK空間に美しく溶け込みます。IHのコンロとは別にシンクスペースを設け、作業スペースを大きく取りました。
  • 非日常の和モダン空間とした玄関。隣の和室からのほのかな光が、オリジナルの障子や和紙の壁紙を優しく照らします。インテリアの細部にまでこだわり、和のテイストの玉砂利や竹などを取り入れました。
  • 玄関からのつながりを大切にし、陰影を活かしたモダンなインテリアの和室。客間としても使用する和室は、深い色合いの和紙を張り、落ち着いた雰囲気に。床下には、大容量の収納を設けました。
  • 水廻りもこだわりのインテリアでゆとりを創出。タイルの床、間接照明の工夫でホテルライクな印象に。
  • 構造の強さを活かし、2階と3階をオーバーハングさせて駐車スペースを設けました。縦のルーバーがグレーの外壁にも映え、外観のアクセントに。
  • 18坪の敷地を最大限活用し、3階の上には屋上を設けました。都会の密集地でも360度空を眺めることが可能な屋上からは、富士山も望めるそう。

「家で過ごす時間を大切にしたい」。共働きで忙しいKさん夫婦は、18坪の敷地を最大限活かした都市の3階建てで、その想いを叶えました。機能性とデザイン性を両立させ、住まいやすさの中にも上質な空間を実現。LDKは、3階フロア全てを使い、開放感と明るさに満ちた広々とした空間に。寝室と水廻りは2階にまとめ、1階和室の床下は収納を設けるなど、都市の限られた土地を上手に活用しました。

【所在地】東京都 K邸    【家族構成】夫婦+愛犬2匹
【デザインモデル】CUBIC  【延床面積】108.44㎡(32.8坪) 【敷地面積】60.75㎡(18.3坪)

他の「 限られた敷地を有効に活かした3階建て 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • ヘーベルウォール50周年カタログセットデザインカタログと新商品「METEO BLUE」の2冊セット!

  • テラクラフト3冊セット都市密集地のタテナガ3階テラクラフトをご紹介。

  • CUBIC roomy心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜けとロフトのある家。

pagetop