考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

限られた敷地を有効に活かした3階・4階建て

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

敷地30坪の都市型3階。子どもがのびのび育つ、3階テラスのある家

  • 2階ベランダとフルオープンでつながる開放的なリビング。自然の風が心地よい季節には、窓を全開して過ごせます。リビングにはサラウンドシステムも導入し、シアタールームの夢もかなえました。遮音性が高いため、深夜に大音量で映画を見るなど、気兼ねなくプライベートタイムを楽しめます。
  • リビング、ダイニングは独立感がありながら、斜めに視線がつながり広がりを感じる設計に。キッチンから全体が見渡せるので、子どもの様子が安心して見守れます。
  • キッチン脇に設けたスタディコーナー。ママに見守られながら、兄弟で仲良く読書。
  • 日当たりのよい3階テラスは、プールやブランコなど屋外遊びに。全開放できる窓を開け放てば、中と外はひとつながりのオープンスペースとして活躍。周りの目を気にせず、子どもたちがのびのび駆け回れる、庭代わりの楽しい遊び場です。
  • 3階は、多目的な使い方ができるフリーな空間。現在はオープンスペースとして子どもたちの遊び場に。扉で仕切れば個室を用意できるなど、子どもの成長に合わせた使い方が可能です。子育てが終わったあとは趣味部屋としても利用できます。
  • 1階の主寝室。モノトーンの壁紙や間接照明で居心地のよい空間に。眠りを邪魔しない位置に、夫の書斎コーナーを設置。
  • 玄関框は斜めにカットし広がりを。壁面には、Kさんこだわりの石貼りで表情豊かな空間を演出します。棚板を自由に変えられるシューズクロークで収納もサポート。
  • 30坪の敷地で、車2台分のビルトインガレージを確保し、生活空間を上にあげた3階建て。斜線カット部分をデザインに活かしたシンプルで重厚感ある外観です。
  • 周囲の視線をカットしながら光を取り込む巧みな窓配置で、落ち着きのある空間に。家族が集まったり、それぞれが自分の好きなことをしたり。自由にくつろげるレイアウトです。

家を建てるなら利便性が高い場所で、敷地を効率的に活かせる3階建てをと考えていたKさん。長く安心して暮らせる構造躯体や、3階スペースの魅力的な活用など、ヘーベルハウスの提案に魅力を感じたといいます。家族が互いを近くに感じながら、ずっと快適に暮らしたい。そんなKさんの要望に、ライフステージに合わせて3層空間を上手く活用できる住まいを提案しました。

【所在地】千葉県 K邸    【家族構成】夫婦+子ども2人
【デザインモデル】FREX  【延床面積】139.85㎡(42.3坪) 【敷地面積】100.17㎡(30.3坪)

他の「 限られた敷地を有効に活かした3階・4階建て 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • アウトドアリビング4冊セット日々の暮らしを楽しくするアウトドアリビング提案が満載!

  • テラクラフト3冊セット都市密集地のタテナガ3階テラクラフトをご紹介。

  • CUBIC roomy心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜けとロフトのある家。

pagetop