考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

家族がつながる二世帯・多世帯の暮らし

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

お菓子教室と緑豊かな暮らしを楽しむ、3世代同居の家

  • 隣地の緑を楽しむための大きな窓を設けた2階リビング。以前から大切にされていた絵を飾るための石貼り壁と間接照明、トルコで手に入れた絨毯が収まる広さなど、これまでの暮らしを受け継ぎながら、より快適な住まいを実現しました。
  • 緑豊かな隣地、角地という環境を活かし、3方向に窓を開いた2階ダイニング。お菓子教室の生徒さんたちもリラックスした気分で過ごせます。階段や、家族が使うリビングとは腰壁でゆるやかに空間が区切られています。
  • 友人制作の、バラをモチーフとしたステンドグラスが彩りを添える玄関ホール。
  • 1階親世帯のリビングダイニング。南北にピクチャー窓を設け、緑を楽しみながら落ち着いた時間を過ごせます。
  • 2階南側の主寝室。縦格子でプライバシーを確保し、程よい明るさで落ち着いた雰囲気に。
  • 2階には子世帯専用のシャワー室と洗面所を設置。外壁で囲まれたプライベートベランダでは、人目を気にせず洗濯物を干せます。
  • 白い外壁に緑が映えるM邸外観。入り口の桜を残す形で、建物に雁行して外構や自転車置き場をデザインし、奥行のある佇まいを演出しています。フラットルーフには太陽光発電パネルも設置。

築50年の家に3世代で暮らし、お菓子と紅茶の教室を開かれていたMさん。東日本大震災の被害から、地震に強い家をとへーベルハウスでの建て替えを決意。1階は親世帯、2階を子世帯とフロアで分け、さらに家族と生徒さん用、2つの階段を設けて動線を分離しました。隣地や南庭の緑豊かな環境を活かした居心地のよい空間と、プライベートとパブリックスペースを使い分けた快適な提案に満足されているMさんです。

【所在地】東京都 M邸    【家族構成】母+本人+子ども2人
【デザインモデル】CUBIC  【延床面積】193.05㎡(58.3坪) 【敷地面積】315.07㎡(95.3坪)

他の「 家族がつながる二世帯・多世帯の暮らし 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • CUBIC roomy心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜けとロフトのある家。

  • 共働き家族GOLDBOXセット共働き家族の家づくりの知恵が満載の8冊BOXセット!

  • 失敗しない二世帯住宅「二世帯住宅」と「親子同居」のコツをご紹介します。

pagetop