考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

医院併用住宅

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

専門的な日帰り手術と一般診療の両方に対応し、賃貸も併用【ひらくクリニック】

  • 木質系のインテリアや間接照明でリラックスできる雰囲気の待合室。受付もカウンターのみで仕切らず「患者さんが長く時間を過ごす待合室を一番広くしました」と先生。
  • 診察室、レントゲン室など、出入り口には幅広のドアを採用。
  • 手術時にストレッチャーが通れるよう、廊下やドアは十分な幅を確保しています。
  • 医院全体の中央に診察室を配置。待合室、レントゲン室、処置室へと3方向へドアを設け、先生が最短距離で移動できるレイアウトに。
  • 手術室を兼ねるレントゲン室は広くゆったりと。心電図モニターや照明、点滴など、手術用の設備を自由に配置できます。
  • 各種検査なども行う処置室は広くゆったりと。固定ベッドの他に可動ベッドも置き、状況に応じた使い方ができます。
  • 処置室には、手術後の患者さんのための休憩スペースも設けられ、ゆっくりと体を休めることができます。
  • 手術や検査の際に、患者さんが着替える更衣室も用意。
  • 車椅子の方や赤ちゃん連れのお母さんも余裕をもって利用できるよう、トイレも広さを取りバリアフリーに。
  • 1階の左半分が医院、上階も含めたその他は賃貸住宅。女性や若いファミリーを意識して外観や間取りをデザインしました。医院へのアプローチには、車椅子やベビーカーの方のために傾斜の緩やかなスロープを設置しています。
  • 賃貸住宅のエントランス。アプローチや玄関ドアなど上質感のある設え。
  • 風除室の内側に集合ポストを設置。雨にぬれずに取り出せ、プライバシーも保てます。

大学付属病院の腎臓・高血圧内科に17年間勤務し、透析の「シャント手術」で高度な技術を取得した先生。通常1~2週間の入院が必要なところ、日帰り手術が可能な医院をつくれば患者さんの負担を減らせると開業を決意。奥様ご実家のアパートが建替えるタイミングと重なり、耐震性の高いヘーベルハウスで医院・アパート併用住宅に建替えられました。開業にあたり一般診療も受け付けたいと、両方に対応できる間取りや動線を工夫。患者さんの要望に幅広く応えながら、地域に開かれた医院にしていきたいと抱負を語る先生です。将来的には1階の賃貸部分を医院に組み込むなど、頑強で柔軟な構造を活かしたリフォームも考えられています。

【所在地】東京都     【家族構成】-
【デザインモデル】FREX  【延床面積】960.47㎡(290.5坪) 【敷地面積】611.38㎡(184.9坪)

他の「 医院併用住宅 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • ヘーベルウォール50周年カタログセットデザインカタログと新商品「METEO BLUE」の2冊セット!

  • 実例集「医院併用住宅」編歯科、内科、動物病院など、医院併用実例6邸掲載!

  • 賃貸併用ヘーベルハウス暮らしながら、貸す。都市に住まう人の、賢い選択。

pagetop