考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

限られた敷地を有効に活かした3階・4階建て

  • 実例
  • くらし方
  • 商品

屋外と屋内、2つの吹抜けで明るさと家族のつながりを実現した3階建て

  • 室内と室外、二つの吹抜けから光を採りこむ開放的な2階LDK。アイランドキッチンの採用でより解放的な空間に
  • 1階廊下の階段周りにも縦格子を採用し、屋外吹抜けからの光を柔らかく取り込む
  • 中庭と3層の吹抜け空間。右側の、隣地と接する側には縦格子を採用し、視線を程よくカット
  • 中庭やベランダなど小さなスペースが室内にゆとりを生みだす。屋外吹抜けは採光の役割だけでなく、視線が抜けることで広く感じられる効果も
  • 約30畳の2階LDKスペース。アクセントウォールの裏側には造り付けの収納があり、ゾーンを分けてすっきり暮らせる設計になっている
  • キッチン奥のユーティリティスペース。物干し用ベランダも隣接し、家事を効率的に行える。夫人用のデスクもあり、自分だけの時間を過ごせる
  • ダイナミックな造形の3階ベランダは、月を眺めたり、友人を招いてお酒や食事を楽しんだり。都会にいながらアウトドアを満喫できるスペース
  • 1階シューズクローク。ロードレーサーが趣味のご主人のために、玄関とは別に、専用の出入り口も設けた
  • 地震や火災に対する強さがそのまま外観のデザインに表現されたK邸。頑強な構造を活かして車2台を駐車できるガレージも確保

近隣に家が建て込む敷地。地震や火災に強いことは勿論、明るさや子どもがのびのび遊べることもポイントに複数のメーカーを検討した結果、ヘーベルハウスのダイナミックなデザインに惹かれたというK様。その大きな特徴は屋外と屋内、2つの吹抜け。屋外は、南北に長い敷地の中央に設けたコの字空間。1階中庭から3階まで貫き、建物全体に明るい光を採りこみます。室内は、2階LDK上の開放的な吹抜け空間。3階子ども部屋とつながり、自然と互いの気配が感じられます。屋外吹抜けに面した階段には縦格子を設け、室内に光が程よく抜ける設計に。「都会にいながらアウトドアの感覚も満喫できる。家族の時間を大切にできる住まいになりました」

【所在地】東京都 K邸    【家族構成】夫婦+子ども2人
【デザインモデル】FREX  【延床面積】249.60㎡(75.5 坪) 【敷地面積】174.45㎡

他の「 限られた敷地を有効に活かした3階・4階建て 」の実例をみる


おすすめコンテンツ

  • アウトドアリビング4冊セット日々の暮らしを楽しくするアウトドアリビング提案が満載!

  • テラクラフト3冊セット都市密集地のタテナガ3階テラクラフトをご紹介。

  • CUBIC roomy心地よさに包まれる勾配天井の吹き抜けとロフトのある家。

pagetop