考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

ステップボックス-クロスフロアのある家

  • カタログ・資料を請求する
  • お近くの展示場へ行く

視線がのびて広く感じる

クロスフロアを使ったリビングは、実は6帖を少し切るぐらいの広さですが、高い天井の開放感と、吹抜けを介して長くのびる視界により、面積以上の“広がり”を感じることができます。

窓の価値が変わる

リビングの南側に設置した窓は、通常「掃き出し窓」という、人が出入りのできる窓ですが、リビングの床の位置を下げたことで大型の「腰高窓」へと役割が変化しました。全開にできる大きな窓から、光、風、眺めを室内へとダイレクトに取り込むことができます。

光と風が奥まで抜ける

都市部においては、プライバシーや立地の問題から窓の設置位置が限られることも。「STEP BOX」はクロスフロアの大きな窓から取り込んだ光と風が、吹抜けを介して家全体に広がるので、暗く風通しの悪くなりがちな北側1階の居室にも、自然の恵みを届けられます。

リビングとダイニング

吹抜けをはさんでナナメにつなげば、楽しいつながりがうまれる。

クロスフロアとダイニング。高さのちがうフロア同士でも、吹抜けをはさんで会話や視線を交わすことができます。

リビングと子供部屋

光と風を感じながら、みんなの笑顔がクロスする。

1階の子供部屋とクロスフロア、空間を連続的につなげたことで、上からも下からも、いつもお互いの気配を感じあえます。

キッチンと+NEST

すぐそばにいられるから。いっしょの時間でそれぞれのこと。

ダイニングキッチンのすぐそばにあるカウンターは、子どもたちの学習コーナー(+NEST)。家事をしながら見守れるので、安心して自分たちのことに集中できます。

パパボックス

PAPA BOX

不思議とこもれるお父さんの城

リビングの下は床を40cmほど下げて、お父さんのワークスペースに。ほどよいサイズの空間が、趣味や仕事に没頭できる“こもり感”をもたらします。

キッズピット

KIDS PIT

ここは陽だまりの遊び場

階段脇のスペースにカウンターと窓を設置。家の中心に位置し、どこからでも見守れる子どもたちの遊び場になります。

ママの家事コーナー

MAMA'S CORNER

充実したママの家事コーナー

キッチンのすぐそばには、ママ専用のミニカウンターを設置。他にも、大容量のパントリー、黒板仕上げのマガジンラック、お風呂や洗濯機などの水廻りなど、家事動線上にすべてがコンパクトに集まっています。

クロスフロア

都市の制約を越える、「クロスフロア」という新発想。家の大きさは変えず、空間に広がりとつながりを。

クロスフロアとは、2階床を部分的に下方向へシフトし、吹抜けと一体となる中間階をつくる新しい創空間のアイデアです。のびやかな高い天井と、空間全体がつながることで、感覚的な広がりが生まれます。制約の厳しい都市部においても、建物の大きさを変えることなく、広がり感を得られる新発想です。

クロスシフトプランニング

クロスシフトプランニングがもたらす新しい体験

「STEP BOX」は異なる高さの空間が連続した家。中間階をつくり出す「クロスフロア」や床を一段掘り下げる「ダウンフロア」など、床や天井を部分的にシフトし、空間ごとの用途に応じた最適な高さを設定。それらの空間を仕切らずに、クロス(斜め)につなぐ「クロスシフトプランニング」によって、限られた空間を最大限に活用。空間にリズムのある、変化に富んだ家を生み出します。空間をムダなくより豊かに。毎日の暮らしをもっと楽しく。都市ならではの工夫です。

  • 1 パパボックス

    クロスフロアの下は、床を約40cm掘り下げ、ほどよいこもり感のある空間に。天井高2.1m。

  • 2 キッズピット

    階段脇のスペースにカウンターと窓を設置。家の中心に位置する、どこからでも見守れる子どもたちの遊び場。

  • 3 バタフライスリット窓

    防犯性を確保しながら、光と風を室内に取り込める縦長のすべり出し窓。

  • 4 子供部屋(7.5帖)

    吹抜けを介して光と風が届く心地いい空間。将来は、可動家具で2部屋に仕切ることが可能。

  • 5 北側庭

    隣家とのあいだのわずかなスペースを活用した採光・通風のための坪庭。縁側が子どもたちの遊び場にも。

  • 6 主寝室(6.7帖)

    居室の入口を開き戸にし、プライバシーを確保。大容量のウォークインクローゼット付き。

  • 7 システムキャノピー&玄関ポーチ

    薄く奥行きのある庇システム。雨の日でもラクに傘がたため、自転車や三輪車も置ける。

  • 8 門塀

    大きさや厚みの異なる杉板を色々にカラーリングした門塀。裏側には腰掛けたり、荷物を置くのに便利なベンチを設置。

前のページに戻る
close
  • 1 リビング(5.7帖)

    2階の床の位置を約80cm下げた天井高約3.2mのリビング。高い天井、大きな窓、斜めにのびる視線など、心地よく、居着きたくなる空間となる。

  • 2 フラットバー手摺

    光・風・視線を通すシースルーの手摺。パーツを薄くし、ダークグレー色とすることで存在感を弱める。

  • 3 キッチン

    視界が開けて開放的なキッチン・カウンター。カウンター下部は見せる収納も楽しめる。

  • 4 +NESTコーナー

    ダイニング脇の学習スペース。親と子が気配を感じあいながら、安心して自分のことに集中できる。

  • 5 壁面収納棚

    家族の思い出の品を飾ったりできる、トイレ前のプライベートコーナー。

  • 6 ママの家事コーナー

    ママが家計簿をつけたり、趣味を楽しめるカウンターコーナーを家事動線上に配置。

  • 7 埋込マガジンラックT

    キッチン裏のニッチ。黒板仕上げのため、伝言を書いたり、メモをマグネットで貼れる。

  • 8 パントリー

    食料や生活雑貨などをしまっておける大型収納。まとめ買いをしても置き場所に困らない。

  • 9 アルミ手摺(木調横桟タイプ)

    下から見上げても内側が見えにくい菱型断面形状。木調柄が外観のアクセントにもなる。

  • 10 バルコニー

    洗濯物を干すのに便利な屋根付きのバルコニー。屋根の一部は開いているので、天日干しも可能。

  • 11 肘掛け窓

    室内側では肘掛けの高さの窓が、バルコニーでは足元に。洗濯物を隠しながら、光・風・緑を取り込む。

  • 12 システムキャノピー&木調軒天

    外観のフォルムを崩さない薄手の庇システム。奥行き785mmと480mmの2種類を用意。温かみのある木調柄の軒天が、外観のアクセントにもなり、表情が豊かになる。

前のページに戻る
close

白い四角いハコ型の家に、木調仕上げの軒天や手摺、外観のフォルムを崩さない薄手の庇システムなどが温かみのあるアクセントとなっています。