資料請求 ロングライフ住宅 ヘーベルハウス ペットと暮らす家 ペット研究会
ペットと暮らす家 ペット研究会
ペットコミュニティ ペットに関する研究 ペットと仲良く暮らす家 おすすめリンク
HOME > ペット研究会 > ペットに関する研究 > マンスリーレポート
マンスリーレポート

はじめに

私たちペット研究会は1998年に発足しましたので、『ペットと住宅にかかわる研究』を始めて10年以上過ぎたことになります。 ペット研究の成果は、ペット共生住宅[プラスわん・プラスにゃん]として、これまで2回発表してきました。この[プラスわん・プラスにゃん]という住宅を通して「ペットは家族の一員である」「ペットは社会の一員である」という認識の変化を世に伝えてきました。また、ペットの室内飼いの推奨仕様など、ペットの飼い方に対する将来的な動向を予測し、いち早く対応してきました。 しかし、住宅に係わる視点だけでは、本当の意味でのペットとの住まい方を捉えていくには限界があるのも事実です。そこで、私たちペット研究会では、研究の範囲を拡大し、住宅のみにとらわれることなく、ペットとかかわる住まい方、風俗などについても調査し情報を発信していくこととしました。 これにより、今まで以上に深くペットとひと、住宅とのかかわりを知ることが出来ると期待しています。


INDEX

今回は、先回の続きで「ペットのひと化 その2」です。ペット共生住宅『へ−ベルハウスプラスわんプラスにゃん』を発売してから、10年以上になりますが、発売当初からずっと気になっていることがあります。わん、にゃんをネーミングに付けてみたものの、犬の「わん」猫の「にゃん」にあたる人の「○○」とは何だろうということでした。10年間ずっとわだかまっていたこの疑問を今回聞いてみました。

第15回 ペットのひと化 その2 最新
■はじめに
■ 「ペット」と「小さい子供」の扱い方・・・はっきり違うが同じでもある・・・
■ペットのしつけ・・・内犬の方がしつけは厳しい、もともとマナーが良いのは内猫?・・・
■ペットの「ひと化」現象

マンスリーレポート
 
©旭化成ホームズ株式会社