考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

TECHNOLOGY テクノロジー

08 創エネルギー
自然の恵みを効率よく

大気、大地、太陽がもたらす恵みを賢く活かすことで、省エネだけでなく、創エネまで実現します。
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」や、独自開発の鋼管杭工法で実現
した「地中熱冷暖房システム」に太陽光発電を組み合わせる最先端のエネルギースタイル。
CO2排出や光熱費の削減に貢献し、環境にも人にも負担の少ない暮らしをお届けします。

太陽光発電概念図

太陽エネルギーを、効率よく住まいの電気として利用する「太陽光発電システム」。

効率的な電気利用により、電気代を抑えることができ、環境だけでなく家計にも負担が少ないシステムです。設置前に、独自の住環境シミュレーションシステム「ARIOS(アリオス)」で、屋根の日照条件などを確認することができます。

ヘムス

エネルギー消費を見える化する「HEMS(ヘムス)

太陽光発電・エネファーム・蓄電池・電気設備などを一元管理し、どれだけのエネルギーがいつ・どこで・なにに使用されているかを見える化するシステム。 自宅の消費エネルギーをパソコンやタブレットなどで気軽に把握することが可能になり、電気をムダなく賢く使う快適な節電生活をサポートします。

エネファーム

水素と酸素から電気と熱をつくる「エネファーム」。

天然ガスから取り出した水素と空気(酸素)を化学反応させて電気をつくり、その排熱を給湯や暖房へ。使用するその場で発電(オンサイト発電)するためエネルギーロスが少なく、環境と家計に優しいシステムです。

独自開発の鋼管杭工法で実現「地中熱冷暖房システム」

地中の温度は1年を通じてほぼ15℃と温度が一定しています。夏は外気温より低く、冬は外気温より高いこの地中熱を熱源とし、冷暖房に利用するのが「地中熱冷暖房システム」です。冷房の排熱は地中に逃がすので、ヒートアイランド現象の原因となる人工排熱を抑える効果も発揮します。

つくった電気を蓄える「蓄電池」

料金の安い深夜電力や太陽光発電でつくった電気をためておける設備。停電や震災など緊急時の非常用電源としても活躍します。

車を蓄電池として使う「V2H+EV(ビークルトゥホーム+電気自動車)」

電気自動車(EV)に搭載されている大容量蓄電池を利用し、車を走らせるためでなく、ためた電気を家に供給することを可能にします。

二世帯住宅から3階建て住宅までハウスメーカー・住宅メーカー・注文住宅の旭化成ホームズ