考えよう。答はある。

  • About HEBEL HAUS へ―ベルハウスの特徴
  • Lineup 商品ラインアップ・実例
  • Interior インテリア
  • Technology テクノロジー
  • Support カタログ・展示場

search

旭化成ホームズ

TECHNOLOGY テクノロジー

10 防犯性
狙われにくく

いつまでも安心して住み続けていただくために。玄関や窓といった開口部の強化はもちろん、
住環境から考えられた設計や設備により、狙われにくくする工夫が大切です。
ヘーベルハウスは長期間にわたるアフターサービスを通じて、ご入居者の方々の声から
「空き巣に狙われにくいポイント」を解明。総合的な防犯対策を邸別にご提案しています。

狙われにくい住まいづくりを実現する防犯配慮設計システム「ASDS」。

アフターサービスを通じて得られた侵入盗被害の実態を調査・分析し、効果的な対策をまとめたのが、独自の防犯配慮設計システム「ASDS」です。「ハードディフェンス」「ゾーンディフェンス」「ソフトディフェンス」の3つの角度から、防犯性に優れた住まいを一邸ごとに実現します。

開口部を強化する「ハードディフェンス」。

Hard Defense

侵入盗の7割は5分以内に侵入できないと犯行をあきらめます※。ヘーベルハウスでは、1階の手の届きやすい開口部に、5分の侵入抵抗力を持つ「防犯性の高い建物部品(CP部品)」をご用意。さらにシャッターや面格子などでも開口部を強化しています。

  • ※(財)都市防犯研究センターの報告書による。
  • ※CP部品:一定時間以上の侵入抵抗力があると評価された建物部品に、CPマークが付きます。

全ての窓を二重ロック化

  • ※エリアにより形状が多少異なります。

特殊フィルムを挟み破壊に強い「合わせ低放射複層ガラス」

防犯をゾーンごとに提案する「ゾーンディフェンス」。

Zone Defense

敷地内を、見通しの悪い「ケアゾーン」、見通しのきく「プライベートゾーン」、来訪者が立ち入れる「アクセスゾーン」に分類し、それぞれのゾーンに合わせた防犯対策を提案。不審者が入りづらく、見つかりやすい設計をしています。

  • 視線を通すフェンスによって侵入を抑制
  • 仕切戸で奥のゾーンへの立ち入りを制限
  • 光や音で警告、夜間の防犯に効果を発揮

用心する習慣をサポートする「ソフトディフェンス」。

Soft Defense

不在時も自動的に点灯するタイマー付きの照明や、訪問者を録画できるインターホンといった防犯設計・設備により、侵入盗に用心する習慣をサポート。生活習慣の中で狙われるスキをつくらないようにします。

  • 在宅を印象づける自動点灯・消灯
  • 訪問者を動画録画するカラーモニター付きのインターホン