ペットとくらし 調査研究報告書

10年以上ペットの研究活動を続ける中で、時代によってペットと人の関係や、お互いに心地よい環境の定義にも変化が生じてきています。
長い人生を過ごす仲間だから、ペットの健康も重要です。ペットも家族の一員であるための、具体的な住まいの工夫を調査研究しています。

最新のペットとくらし 調査研究報告書


ペット研究会12年間の活動成果を踏まえた設計ガイドです

2011年「ノマDOで実現する「ひともペットも健康に暮らせる家~ひともペットも自然の一員です。~」」(PDF 1.8MB)
ペットの行動から見える心地よい環境を分析し、ペットの健康によい家は「ひとにもよい家」で「省エネにもつながる」ことを明らかにしています。


ペット共生型賃貸住宅は入居者満足度が高い!

2011年「ペット飼育可能な賃貸集合住宅に関する調査」(PDF 0.2MB)
「ペット可賃貸」とは一線を画し、入居者全員がペットを飼う事を前提とした「ペット共生型賃貸住宅」である「ヘーベルメゾン +わん+にゃん」。その入居者と、一般賃貸住宅や一般ペット可賃貸住宅の入居者の意識や満足度と比較し、ペットメゾンの満足度の高さを実証し優位性を明らかにしています。

過去のペットとくらし 調査研究報告書

ページのトップへ戻る