しぜんごこちのくらし

四季を通じてご利用いただけるように、<しぜんごこちのくらし>を改訂いたしました。

からだが本来のすこやかさを感じること。それが<しぜんごこち>そんな実感のある生活をはじめてみませんか。

東日本大震災の夏以降、日本全国で厳しい電力不足に直面し、改めて電気のありがたみを痛感したわたしたち。電気が豊富にある生活はもはや過去のものです。この機会に、電気に頼る生活を見直し、エネルギーをもっと大事に使うことを考えてみませんか。たとえば、「夏は暑い」「冬は寒い」というあたりまえのことを実感するのも大切なことでしょう。わたしたち人間も、自然の一員です。機械やエネルギーだけに頼らず、暑さ寒さも自然な刺激として適度に受けとめながら、科学に基づいた生活の知恵ですこやかにすごす……

そんな<しぜんごこちのくらし>を、わたしたちは提案します。

冊子<しぜんごこちのくらし>無料で配布いたします! CLICK

冊子<しぜんごこちのくらし>無料で配布いたします! CLICK

<しぜんごこち>って、なんだろう。

「しぜんごこちのくらし 10のヒント」では、10のHintに対し、それを解説したThinking Time、さらに暮らしに取り入れるためのAction!で構成されています。

「電気」をはじめとするくらしのエネルギーへ関心が高まってます。エネルギーを大切に使う。それは毎日のことであり、ずっと先の未来に関わる課題でもあります。まず、身近なところから何ができるのかいっしょに考えてみましょう。

東日本大震災で経験したわたしたち日本人が、街づくりやコミュニティなどはもとより、あらゆる面から今までのくらし方を見直さなければならない状況におかれていることは、間違いありません。けれども、それは決して便利さや豊かさを否定して昔に後戻りすることや、つらいことを我慢して耐えるということを求められているのではありません。

必要なのは、いままでと違う、日本人としての新しいくらし方、新しい価値観を手に入れることなのだとわたしたちは思っています。この小冊子が、そのための一助となれば幸いです。

<しぜんごこちのくらし>無料で配布いたします!

震災から一年を期に、くらし方の見直しを呼びかける小冊子、<しぜんごこちのくらし>を無料で配布いたします。

<しぜんごこちのくらし>PDF版はこちらから無料でダウンロードできます。

学校や団体などで30部以上ご利用の場合は、無料でご指定の場所へ送付いたします。お申し込みはこちらから。

<しぜんごこちのくらし>無料で配布いたします!

ページのトップへ戻る