印刷はこちら

ダウンロードはこちら

News Letter
2017年10月5日
旭化成不動産レジデンス株式会社

草津市の中心市街地活性化事業
JR草津駅前に「商業・サ高住・住宅」の一体再開発マンション着工
~幅広い世代が交流する“賑わいプロムナード”を目指して~

旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役:池谷 義明)が参加組合員として参画する「北中西・栄町地区市街地再開発組合(理事長:南井 孝一)」による滋賀県草津市のJR草津駅前の市街地再開発事業「北中西・栄町地区第一種市街地再開発事業」が、2017年10月より本体工事に着手することとなり、10月5日に起工式を開催いたしましたのでお知らせします。なお、竣工は2020年3月を目指しています。

草津市の中心部に位置するJR草津駅は、京都へ20分、大阪まで50分で連絡し、県内最大級の利用者数を誇る有数の駅です。駅前では、安全で快適な都市環境へと再生するため、細分化された敷地を統合するなど、これまでにも大規模な市街地再開発事業が進められてきました。4つ目となる本事業は、郊外の大型商業施設の出店などにより賑わいが喪失していた既存商店などの活気を取り戻すため、“賑わいプロムナードの創出”を整備方針に、商業・サービス施設の充実や、高齢者サポート機能の拡充を目指します。

再開発によって誕生するマンションの特徴は、分譲マンションを中心とする26階建の高層棟と、4階建の低層棟が建設され、1・2階に魅力ある店舗が軒を連ねるほか、低層棟に「サービス付き高齢者向け住宅」を併設する点です。旭化成不動産レジデンス㈱は、高層棟の住宅床を取得し一般分譲するとともに、低層棟のサービス付き高齢者向け住宅床を取得し賃貸する予定です。4~26階のマンションは、3~4LDKを中心の広々とした住戸を予定しており、上階からは琵琶湖が一望できるなど、魅力ある住まいを目指します。

また、本事業は「草津市中心市街地活性化基本計画」の1つにも位置づけられます。若い世帯の定住促進や高齢者への介護・医療の充実を図り、コンパクトで賑わいのある草津市の活性化に貢献してまいります。

. 本事業の位置

地図

. 本事業の概要

概要

完成予想図

建物概要

. これまでの経緯と今後の予定

2014年 5月 「市街地再開発事業」、「高度利用地区」の都市計画決定
2014年12月 旭化成不動産レジデンスが参加組合員として事業参画
2016年 1月 本組合設立認可
2017年 3月 権利変換計画認可
2017年 5月 既存建物解体着工
2017年10月 本体工事着工
2018年 春~ (予定) 分譲マンション販売開始
2020年 3月(予定) 竣工

. 10月5日起工式の様子

草津市の橋川渉市長、北中西・栄町地区市街地再開発組合の南井孝一理事長ご出席のもと、起工式を執り行いました。

起工式の様子

. 草津市の「中心市街地活性化基本計画」について(ご参考)

今回事業を行う草津駅を中心とする市街地は、現在人口は増加していますが、将来の人口減少や少子高齢化に備えて、まちの構造を見直し、中心市街地を市民の「生活拠点」として再生することを目的にした、「草津市中心市街地活性化基本計画」が取り組まれています。「“元気”と“うるおい”のある生活交流都市の創造」を基本理念とし、「歩いて楽しい回遊性の高いまち」「個性的で魅力のある店舗が集積するまち」「幅広い世代が交流するまち」の3つの目標の達成に向け、今回の事業を含む5事業が実施されています。
※詳しくは草津市HP資料をご覧ください。
http://www.city.kusatsu.shiga.jp/kurashi/toshikeikaku/chushinkasseika/kihonkeikaku.html

中心市街地活性化基本計画

以上

<本件に関するお問い合わせ先>

〒160-8345 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
旭化成ホームズ㈱ 旭化成不動産レジデンス㈱  広報室
(電話)03-3344-7115 (FAX)03-3344-7050 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る