印刷はこちら

News  Letter
平成30年2月9日
旭化成ホームズ株式会社

2月10日は「二(2)世帯住(10)宅の日」
二世帯住宅の最新フォトブック発刊

全国の展示場でプレゼント

旭化成ホームズ株式会社(本社:新宿区 代表取締役社長 川畑文俊)の「二世帯住宅研究所」は、2月10日の「二世帯住宅の日」を前に、最新の二世帯実例フォトブック「Back to 2-Family HAUS」を制作しました。2月1日~28日まで全国の展示場でフォトブックの配布や無料相談会を実施するなど、二世帯住宅キャンペーンを展開します。

   今回新たに制作した二世帯実例フォトブックでは、ヘーベルハウス6邸の<ライフスタイル>を紹介しています。きちんと生活を分けながらも温かい交流を保っている親子や、子育てや将来の介護への不安を互いにシェアすることでより自由な毎日を送る親子同居などの実態を紹介しています。
 
   今どきの同居の様子から、「分かれている価値」からスタートした「二世帯住宅」が、40年の時を経ていまや「一緒にいる価値」を求める方向へとシフトしているようにも感じられます。これらの実例から見る暮らしの自由な在り方が、これから同居を検討するご家族様に新しい可能性を感じていただき、検討のヒントにしていただけることを期待しています。


■二世帯住宅とは
「二世帯住宅」という言葉は、旭化成ホームズが1975年に発売した「二世帯住宅シリーズ」から生まれました。従来の同居に伴う嫁姑問題を背景に、核家族化の時代と共に親世帯・子世帯が空間を住み分ける住まいとして誕生しました。現在では、独立性の高い暮らしと自由は保ったままに、上手に両世帯がサポートしあう現代ならではの二世帯住宅へと進化しています。
      ⇒「歴史・メリット・近年の動向のまとめ」報道関係者向け資料はこちら(PDF)

■二世帯住宅の日とは
毎年2月10日は、二世帯の「2」と住宅の「10」にちなんで「二世帯住宅の日」に制定されています。親・子世帯がよりよい住まい方について考えるきっかけになることを願い、2015(平成27)年に一般社団法人日本記念日協会より正式に認定を受け、当社が制定したものです。今年も当社では「二世帯住宅の日」に合わせ、「二世帯住宅フェア」を全国のヘーベルハウス展示場にて開催しています。



●イベント名称:二世帯住宅キャンペーン「あたらしい二世帯にかえろう。」
●実施日:2月1日(木)~2月28日(水)
●特設サイト:http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lp/backto-2familyhaus-nisetai_b/index.html/?link_id=top_main1


<本件に関するお問い合わせ先>

〒160-8345 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
旭化成ホームズ株式会社 広報室
(電話)03-3344-7115 (FAX)03-3344-7050 (メール)j-koho@om.asahi-kasei.co.jp

TOPへ戻る