「土地活用」をご検討中の方必見!アパート経営?駐車場経営?どっちの方法がいいの?
このページを読めば、ベストな方法が見つかるかも!?簡単check!アパート経営VS駐車場経営
土地活用の方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、それをきちんと把握する必要があります。
ここでは代表的な土地活用の方法「アパート経営」と「駐車場経営」をさまざまな角度から比較して、どちらがあなたに向いているかを考えてみましょう!

ご覧のように「アパート経営」では、初期投資が多い分、収入や節税効果、相続対策の効果が大きく、土地の税負担を減らしたい、相続対策をしたい、先祖代々の土地を守っていきたいという希望がある方などに向いていると言えます。
一方「駐車場経営」は、初期投資が少ない分、他への転用が比較的容易なため、将来、売却や親族(またはご自身)の自宅の建築を考えていて一時的な活用がしたいという方などに向いていると言えます。

土地活用の方法を検討するときは、その土地の市場ニーズ、敷地条件、周辺環境などを総合的に判断することが大切です。
また、それと同時にその土地をどのように活用したいか、ご自分のどんな希望をかなえたいかをはっきりさせることも大切です。

いろいろな角度からの検討が必要ですので、ご自身だけで判断せずに信頼のおけるパートナーに相談しましょう!

節税Q&A Q土地を更地のままにしておくと、相続税の評価が高くなるって本当?A本当です。賃貸住宅の建築によって、相続税の評価が下がり、相続対策になります。

更地に賃貸住宅を建てると、土地は「貸家建付地」になり、評価額が下がります。
次に、賃貸住宅の建物ですが、原則として固定資産税評価額によって評価しますが、賃貸住宅の価額はその評価額から借家権割合を減額した金額になります。

例えば、評価額1億円の更地と現金1億円の資産を持っているとします。この状態で相続が発生すると、相続財産は合計2億円になります。
次にこの土地に現金1億円で賃貸住宅を建築するとします。そうすると土地の評価額は7,900万円、建物の評価額は4,200万円、合計で1億2,100万円になり、更地のままで現金を持っていた場合と比べると、評価額を7,900万円も圧縮することができます。

ちなみに、この土地を青空駐車場として利用した場合は、土地の評価額は更地の時と同じ1億円のままですので、相続財産を圧縮することにはなりません。

なお、借入金1億円を利用して建築した場合は、その債務が課税遺産総額から全てマイナスできますので、現金1億円を利用して建築した場合と同様に、相続財産の圧縮効果があります。

ページトップへ

土地活用なら旭化成ホームズにご相談ください!あなたの土地のベストな活用プランをご提案いたします。

旭化成ホームズでは、土地資産を税務、法律、用途などさまざまな角度から検討・分析し、相続税試算をはじめとする綿密なシミュレーションにより、総合的な土地診断を実施。
その結果、アパート経営に適さない土地と考えられる場合は、無理に計画をお勧めすることはありません。


オーナーのみなさまの個別の事情や、ご家族の思いに配慮しながら、最適な土地活用プランをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください!


土地活用に関する豊富な実績とノウハウをまとめた資料を取り揃えています。まずは、お好きな資料をご請求ください。

旭化成ホームズの30年一括借上げシステム」

新築のときはいいけど、年数が経ったら空室が出てしまうのでは?
長期間続くアパート経営の不安の中で一番大きいのは、“空室リスク”ではないでしょうか。


旭化成ホームズでは、30年間空室リスクのない「30年一括借上げシステム」を ご用意。旭化成ホームズで新築された賃貸住宅を、賃貸管理部門である、旭化成不動産レジデンスが30年間一括して借り上げ、オーナー様に代わって家主とな り、一切の管理、運営業務を代行します。たとえ空室や入居者の家賃滞納があっても、旭化成不動産レジデンスからオーナー様に毎月賃料をお支払いしますの で、30年間安定した収入が得られます。

「一括借上げシステム」の契約形態

ページトップへ