HOME > 実例レポート > 実例レポート詳細

実例レポート 文京区 T邸

都市部の共働き夫婦を想定した間取り、設備仕様で差別化

賃貸専用4階建東京:城北エリア300m2以上アパート建て替え相続対策高付加価値
外観

角地であることを意識して設計されたモダンな外観

  • 高級賃貸住宅に相応しい設備・仕様
  • 共働き夫婦向けプランで差別化
  • セキュリティ、防災設備の充実
商品名
ヘーベルメゾン プラネックス4
建築地
東京都文京区
用途
賃貸マンション 1LDK×10戸+2LDK×1戸
敷地面積
312.76m2(94.60坪)
建築面積
199.42m2(60.32坪)
延床面積
746.94m2(225.94坪)

※各写真をクリックすると大きくなります。

共有名義のアパートの建て替え。相続対策として土地の名義を整理

お母様から受け継いだ2棟のアパートの建て替えを計画されたT氏。
「収益には問題がありませんでしたが、耐震性が心配だったことに加え、弟との共有財産のため次世代への相続を考えると整理が必要だと思いました」。
その後さまざまな検討を経て選ばれたのが旭化成ホームズ。「建物自体への信頼性とコンセプトやものづくりへの姿勢に共感でき、この先30年以上にわたってお付き合いできると思い依頼を決めました」とT氏はおっしゃいます。  

旭化成ホームズでは共有物分割等の手法を用いて課題を一つひとつ解決し、土地の名義を整理。 そのうえでご提案したのが、都心という立地のポテンシャルをより高めるために最適と考えた、1LDK×10戸+2LDK×1戸の4階建て「高級賃貸マンション」です。 さらに、市場調査の結果等から、入居者を都心に勤める共働き夫婦に絞って差別化を図るご提案をしました。

ホテルのような高級仕様。防犯・防災への配慮で安心へのニーズに応える

このコンセプトに基づき、外壁に一部タイルを用い、庇を深くして表情豊かに仕上げた外観や、デザイン性に優れた窓、木目調の内装などディテールにもこだわり、グレード感を演出。共用廊下は屋内仕上げとし、エントランスも含めてホテルのような高級感のある空間に。書斎スペースになるデスクカウンターや化粧台スペース、夫婦別々の収納など、共働き夫婦の『個』を大切にする生活スタイルに応える間取りにしました。

また、太陽光発電や蓄電池をはじめ、災害時に最低限のインフラを確保するための防災ステーションをエントランスに設けて付加価値を高めました。

周辺の家賃相場より高い家賃設定が可能になり、さらに30年一括借上げシステムで安定の経営をスタートされたT氏。
「母の大切にしていた庭にあった石や植栽も一部活用してもらい、代々土地資産を引き継ぐことへの私なりの意志を実現させました。私の思いを子どもたちにもぜひ継いでもらいたいと思います」との言葉をいただきました。

  • エントランスのアプローチは一部石調タイル貼りにして、洗練されたデザイン性を生み出している

  • 上質感あふれるエントランス内部。自動ドア、宅配ボックスも採用

  • 共用の廊下は屋内でカーペット貼りのホテルのような空間に。高級感とともに防犯性も高めている

カタログをプレゼント 商品カタログ・実例集などのさまざまな資料を差し上げます。

この物件について、詳しい内容のお問い合わせはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン