HOME > 実例レポート > 実例レポート詳細

実例レポート 渋谷区 S邸

慣例プランを覆す住戸別コンセプトのある斬新な提案。質の高いニーズに的確に応える

賃貸専用3階建東京:城南エリア200m2以上300m2未満アパート建て替え相続対策
外観

新宿の高層ビル群に近い都心の立地ながら、緑豊かな環境にとけ込む瀟洒なフォルム

  • 庭の緑を残しながら収益性も確保
  • 住戸ごとに異なるコンセプトで構成
  • 高い性能を活かした変化に富んだ空間
商品名
ヘーベルメゾン プラネックス3
建築地
東京都渋谷区
用途
賃貸マンション(1K×1戸、1DK×1戸、1LDK×2戸、2LDK×2戸)
敷地面積
299.31m2(90.54坪)
建築面積
179.22m2(54.21坪)
延床面積
495.27m2(149.81坪)

※各写真をクリックすると大きくなります。

緑豊かな住環境を壊さずピロティ付き長屋住宅を

新宿の高層ビル群を近くに仰ぎ見る好立地で、テラスハウス形式の賃貸住宅を所有されていたS氏。老朽化に伴う建て替えを機に、新たな土地活用をご計画。旭化成ホームズにご相談いただきました。
「わが家は不動産業を専業にしないという考えなので、賃貸経営の目的も賃貸住宅に隣接する母屋を維持するための収入を得るのと、相続税・固定資産税の節税というものでした」とS氏。具体的には、「新たな賃貸住宅によって住環境を壊さないように庭の緑を残す」「入居者の独立性が保て管理のうえでもメリットのある長屋形式にしたい」の2つが大きなご要望として出されました。
法的には4階建ても建てられる土地でしたが、S氏の長屋形式にとのご要望にお応えするために3階建てをご提案しました。立地的にはシングルリッチや共働きのご夫婦などの入居者が想定されるので、やや高めの家賃設定ができるため、プランやデザイン、仕様もそうしたニーズに応えられる内容を検討しました。
年月を重ねても陳腐化せず、長期的に競争力があって、しかも既存の環境を壊さないということを両立させることがこのプロジェクトのポイントとなりました。

吹き抜け、大開口など高性能な構造ゆえの設計

プランは、1階に1Kと1DK、ピロティ、2・3階にメゾネット式の1LDKと2LDKを配しました。庭の象徴的な存在である桜の木をはじめとする緑を残しながら、収益性も確保するという考えから、建物の形・戸数を決め、空間を最大限に活用しながら快適な住環境を創り出しています。
「一般的に集合住宅というと同じような間取りを並べがちですが、このプランでは、お隣の母屋の庭も合わせてコンセプトを考え、住戸ごとに違う間取りをご提案しました。その方が、入居者にも喜んでもらえ、長期的に競争力を保てると考えたからです。例えば1階には庭との一体感を楽しむテラス、メゾネットの中央住戸は縦空間を活かした吹き抜けを、角の住戸は都心の眺めも庭の眺めも楽しめるようにしました」と設計担当者。床暖房や録画機能付きのインターホン、大きめのシステムキッチン、追焚き式のユニットバスなどグレードの高い設備・仕様で快適さにも配慮しています。
完成後、高めの家賃設定でありながらすぐに満室になる人気物件になりました。「こうしたコンセプト賃貸住宅は今後の入居者の需要も見込め、特徴のある建物としてオーナー様には強みになる。長い視点で考えたプランをS様は受け入れてくださったと感じています」と設計担当者は語ります。 「真価が問われるのは20年、30年後」とおっしゃるS氏と旭化成ホームズとの長いお付き合いがスタートしました。

  • 1階に各戸のピロティのあるプランは賃貸住宅の多いこの地域でも珍しく、大きなアピールポイントになる

  • 側面に窓のない中央住戸には吹き抜けを設け、上下に窓を配して開放感を演出。春には庭の桜の花も楽しめる

カタログをプレゼント 商品カタログ・実例集などのさまざまな資料を差し上げます。

この物件について、詳しい内容のお問い合わせはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン