HOME > 実例レポート > 実例レポート詳細

実例レポート 港区 I邸

土地権利関係の問題も解決。ペット共生型賃貸マンションで将来にわたる安心を実現

自宅+賃貸3階建東京:城南エリア100m2以上200m2未満自宅建て替え
外観

周辺環境のイメージをアップさせるスタイリッシュな外観

  • ペット共生型賃貸マンションで差別化を図る
  • ペット仕様のプラン、内装で快適性をアップ
  • 土地の権利関係を整理し、かねてからの問題を解決
商品名
へーベルメゾン プラスわん プラスにゃん
建築地
東京都港区
用途
賃貸マンション(1K×6戸)、自宅(2LDK)
敷地面積
168.16m2(50.86坪)
建築面積
108.08m2(32.69坪)
延床面積
296.14m2(89.58坪)

※各写真をクリックすると大きくなります。

差別化を図るペット共生型賃貸マンションを提案

ご自宅の老朽化に伴い、建て替えを計画された東京都港区のI氏。都心で賃貸入居者のニーズも高いという立地を活かし、将来的に安定収入の得られる賃貸併用住宅をと旭化成へ建築プランの依頼をいただきました。
旭化成がご提案したのは、1・2階がペット共生型賃貸マンション、3階がご自宅という3階建です。I氏ご自身がペットを飼っていらっしゃることから、ペットと暮らせる共生型賃貸で他物件との差別化を図ることをご提案。また、I氏はご多忙な上、賃貸経営が初めてということも考え、ペット共生型賃貸を専門で仲介する不動産会社をご紹介し、賃貸経営に関する不安を解消しました。

相場より約1割高い家賃設定でも多数の希望者

賃貸部は、収納の下の部分にペットの寝床やトイレになる専用スペース、ペット用の換気扇を設け、入居者入れ替えの時にはメンテナンスのしやすい仕様にするなど、きめ細かく配慮。ご自宅は、1・2階の間取りにとらわれずに自由なプランニングができるヘーベルハウスの設計上の特長を活かし、斜線制限などもクリアしながら広々した住空間を実現しています。さらに隣家との境界確定や名義変更など、土地に関するさまざまな問題についてもトータルに解決。
家賃は相場より約1割高く設定したにも関わらず、入居希望者も多く、安心の賃貸経営を順調にスタートされています。

  • 凹凸のあるフォルムに、ツートンの外壁でアクセントをつけている

カタログをプレゼント 商品カタログ・実例集などのさまざまな資料を差し上げます。

この物件について、詳しい内容のお問い合わせはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン