Newサフォレ

ヘーベルメゾンnewサフォレ

都市で働く単身女性が安心して暮らせる賃貸住宅

女性の社会進出に伴って、都市で一人暮らしをする女性が増えています。自立し、経済的に豊かな女性は、住まいに対するニーズも高く、賃料や広さだけではなく、本当に安心して暮らせる上質な住まいを求めています。

2008年、旭化成は女性の視点による安心・安全な賃貸住宅「ヘーベルメゾン Safole(サフォレ)」を商品化。以来、入居者アンケートや単身女性を対象にした意識調査などを通じて、単身女性にとっての「本質的な暮らしの安心」の研究を続けてきました。

そしてこのたび、入居者同士が安心を共有する「ヘーベルメゾンNew Safole」としてリニューアル。
高い付加価値を持ち、他との差別化を図ることができる賃貸住宅で、長期安定経営を実現します。

単身女性にとって「本当の安心」とは?

防犯設備だけでは不安!と考える女性が増えています

女性にとっての不安は、空き巣といったモノを狙った犯罪だけではありません。
ストーカーのようなヒトを狙った犯罪は防犯設備だけでは防ぎきれず、特に不安が残ります。

緩やかな繋がりがもたらす「本当の安心」

ひとり暮らしをする女性にとっての「本当の安心」とは、帰宅時にホッとできる温もりや、他の住人の雰囲気が感じられるといった緩やかな繋がりでした。

※調査対象 150人
東京23区・武蔵野・横浜・川崎・船橋・市川・さいたまの各市在住
3階建て以下の一般賃貸住宅でひとり暮らしをする女性(20〜59歳、家賃7〜15万円)
※資料 旭化成ホームズ株式会社 くらしノベーション研究所
「ひとり暮らしの安心・安全 調査報告書」(2014年)より作成

安心の見える化

住人の雰囲気や温かみが感じられる
共用スペース「おかえりラウンジ」で
真の安心を提供します。

女性のためのあんしん共有賃貸住宅Newサフォレ。カタログ差し上げます。

Newサフォレ カタログプレゼント

ヘーベルメゾン実例見学会 詳しくはこちらから

Copyright (C) Asahi Kasei Homes Corporation.All rights reserved.

アパート経営・土地活用サイト。旭化成ホームズのヘーベルメゾン