旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

胸水・腹水濾過濃縮再静注システム
AHF® MOW/UP
製造販売業者自主的な市販後調査結果報告

医療従事者向けサイト

 腹水濾過濃縮再静注法(Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy : CART)は、腹水症(又は胸水症)の患者から取り出した腹水(又は胸水)を、腹水ろ過器AHF-MOで濾過する
ことにより、腹水(又は胸水)中の細菌及びがん細胞等を除去し、末梢血中に拡散するのを防止します。
次に腹水濃縮器AHF-UPでアルブミン等の蛋白質を濃縮し、患者自身に再静注する治療をいいます。
 CARTは1981年に難治性胸水、腹水症に保険適用になり、30年以上に渡って肝硬変を中心に実施されてきました。近年がん患者の増加に伴い、がん性腹水患者にCARTが施行される機会が増えてきました。このような背景のもと、難治性がん性腹水(胸水)を中心に現在の使用実態下におけるCARTの施行状況、安全性、有効性を検討し、その結果をまとめました。本調査結果をCARTの施行および腹水ろ過器AHF-MO、腹水濃縮器AHF-UPの適正使用にご活用下さい。

2015年8月
旭化成メディカル株式会社

目次

ページの先頭に戻る