旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

胸水・腹水濾過濃縮再静注システム AHF MOW/UP 市販後調査適正使用情報

医療従事者向けサイト

3.患者背景

 147例・356回の患者背景を下表に示します。
 性別は男性41.5%(61例)・41.6%(148回)、女性58.5%(86例)・58.4%(208回)、平均年齢は64.4±10.9歳(23-93歳)、原疾患はがん85.9%(128例)・84.3%(300回)、肝硬変11.4%(17例)・14.3%(51回)、その他2.7%(4例)・1.4%(5回)でした。前回の腹水治療歴はあり75.6%(269回)で、最も多かったのはCART62.1%(221回)でした。

3.患者背景

年齢、原疾患

がんにおける原発部位と転移の有無

がんの内訳は、消化器系36.0%(46例)・44.0%(132回)、次いで婦人科系33.6%(43例)・26.6%(80回)、肝臓系21.8%(28例)・21.4%(64回)でした。

がんにおける原発部位と転移の有無

薬剤の併用状況

 薬剤の併用は、抗がん剤17.4%(62回)、利尿剤50.0%(178回)でした。CARTに伴う併用薬として、再静注前までに投与されたステロイド・NSAIDsは44.5%(157回)で、そのうちステロイドのみは34.7%(122回)、NSAIDsのみは6.5%(23回)でした。

薬剤の併用状況

ページの先頭に戻る